大分での一夜と引っ越しの始まり

大分での一夜と引っ越しの始まり に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今週は先週ブログに書いたように、行事が多すぎて更新も出来ていない。

一足飛びに今日の出来事を書く前に、とりあえず一週間前の話から始め

ることにしよう。年度末に飛び込んできた仕事は、穏やかな別府湾が見え

る日出町に出来る中規模の病院。その図面の打合せで昨日からこちらに来

て居るわけだけど、3mほど高低差と線路沿いの敷地の中には、まだ使って

いる家屋や駐車場がある。この敷地に建物をどう建てるか?現場責任者と

打合せながら、自分の書く図面のイメージを膨らませてゆく時間は、何十年

この仕事に携わっていても、凛とした緊張感あり、また一番楽しい時間でも

ある。一通り現場を見た後、近くの喫茶店で自分なりの見解を述べ、互いの

意見を交え合う時間も現場を旨く進める上では、大事な時間となる。

P1230330.jpg

小一時間ほど熱く討論した後、ヒートした頭を冷やすために別府の町で

軽く一杯やることにする。今夜はどうせ泊まりになるので、腰を落ち着

けて飲めるお店が良いので、別府でお気に入りの”うれしや”に入ること

にする。この店は、大衆食堂と居酒屋が一緒になったような、若者から

年配の人、家族連れと様々なお客さんがたむろするお気に入りのお店で、

お店の玄関をくぐると、相変わらずの繁盛振りに妙にホッとしながら、

狭いテーブルに陣とることにする。とりあえずビールで喉を潤した後は

先程の話しの続き再燃焼し、煮魚やおでん、鶏の天ぷらを食べる合間毎

に話は尽きることが無く、夜も更けて店を出る頃には、黒霧島の五合瓶が

2本、床に転がっていた(笑)

P1230331.jpg



翌日6時前に日出町を出て、一路福岡へ向かう。高速から見える鶴見岳、

由布岳の山頂はうっすら雪化粧をしていて、春本番へ足踏みしている様子

をうかがい知ることが出来た。

P1230334.jpg



8時前に家に帰り着くと、引っ越し準備の開始。とりあえず今日は大物家具

類を動かすことにして作業を始める。和室のタンス、引き出し、冷蔵庫と運

んだ頃、今日の作業は止めるつもりだったが、手伝ってくれる娘が予想以上

に働いてくれるので、居間と押し入れ、仕事部屋を除いて、ほぼ荷物を運ぶ

ことが出来た。やれやれ、娘がここまで役に立つとは、思っていなかったが

これで本当に、独り立ち出来るなぁ・・と妙に感心してしまった。

鍵を引き渡すのは15日なので、これから数日はのんびりと思い出に浸りながら

移動作業を続けることにしよう。

P1230339.jpg



PS

日曜出勤の帰りに、エアコンを外してくれたGチャン、お疲れ様でした。

暑くなる前に、新居への取付よろしくお願いしま~す(笑)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/936-c34695d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。