火山ポタリング

火山ポタリング に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日も昨日に引き続き、快晴の空が拡がっている。空の色

だけを見ていると今が2月であることなど誰も思わないだ

ろう。そして、降り注いでくる日差しの強さ。カーテンを

締め切った仕事場の中にいても、漏れてくる光の輝きが

ポタリングを誘っている。今日は乗るまいかと思っていたが

午前中で仕事の手を休めて、少しばかり早いお昼ご飯を食べ、

いそいそと出かけることにする。

p1230136.jpg

今日の出で立ちはユニクロの半袖インナーシャツ、長袖の

少し厚手のシャツ、それに短レーパン。寒いかなと思って

走り出すと、全然寒さは感じずもう少し薄手のシャツでも

良かったかもしれないと思ったくらいだ。

p1230138.jpg


さて今日の行く先は、先日曇り空の下で見た火山の展望台。

どうしてもこんな晴れた日に、あそこからのパノラマをもう

一度見たい。そんな思いに突き動かされるように、少し強い

向かい風の中を進んで行く。

p1230142.jpg



先日下ってきた登山道を上り始めると、すぐに雑木林のトンネル

が待ちかまえている。木漏れ日を受けてキラキラと輝いている

常緑の小さな植物を横目に、ゆっくりと坂道を登って行く。

p1230143.jpg


それにしても、今日は暖かい。坂道を半分ほど登ったところで

長袖を脱ぎ、半袖のインナーだけになって見たが、すっかり

温まった体には林を抜けてくる風が涼しく感じるくらいに

思える。坂道がつづら折れになると目指す展望所は近く、

勾配も幾分急になってくる。でも、あそこからの眺めを

想像すれば、足の疲れなどすぐに忘れてしまう。

p1230148.jpg


展望所までたどり着くと、春霞のようにぼんやりとした

穏やかな風景が目に飛び込んでくる。今日はあの日ほど

潮騒の音は聞こえてこないが、優しい青色をした海と

空。その中を美しい曲線を描いて芥屋の大門(けやのおおと)

まで続いている海岸線。その風景をうっとりと眺めながら

ハンググライダーの滑空台の上で、しばし寝転がること

にする。

p1230161.jpg


横になり目を瞑ると、落ちてくる日差しは暑さを感じるほど。

風の音に混じって微かに聞こえてくる波の音。あまりの心地

良さにしばらく眠ってしまったようで、時計を見ると20分ほど

経っている。やれやれ、身体を置いて心だけが勝手に散歩に出た

ようだ。今日は娘が学校から早く帰ってくることを思い出し、

慌ててもと来た道を下ることにする。

p1230175.jpg


急いでいるとはいえ、情緒ある建物を見かけると立ち止まって

しまう悪い癖。年月を経た建物が、こんな穏やかな光の中に

佇んでいると、まるで高齢の哲学者のようにさえ見えてしまう。

p1230176.jpg


野北から灘山の麓までは、向かい風に煽られながら、それから先は

追い風に変わった暖かい風に包まれながら、少し急ぎ足でペダルを

回す。それにしても、2月とは思えないこのところの気候は、自転車

乗りにとっては、最高のプレゼント。それを受け取れる幸せに感謝し

ながら、短い散歩を終えることにしよう。

p1230179.jpg


走行距離 51..5㎞










スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/928-d1df2f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。