もったいない1日

もったいない1日 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日も抜けるような青空が拡がっている。じっとしているには

本当にもったいないような天気、午前中にいつものように仕事

に目処を付け、簡単な昼食の後、すっかり汚れてしまった愛車を

洗って上げることにする。ベランダにBoyとAddieを並べて、洗剤

を付けたブラシで丁寧に洗っていると、半袖半ズボンでも暑く感

じるくらいの日差しが落ちてくる。メンテナンスが終わったら

近くをポタリングしようかなとも思っていたが、突然の来客やら

仕事の電話やらで、とうとう行きそびれてしまった。やれやれ、

ほんと、もったいないことをしてしまったと、暮れ始めた空を

眺めながら、ぼんやりとそんなことを思ってみるが、せめてもの

慰みに、娘が帰ったらすり減ってしまったブレーキシューの交換に、

一緒に南米商会へ行くことにする。

p1200690.jpg

南米商会へ着き、娘のブレーキシューの交換を頼んだ後、作業が

終わるまで、店内の自転車などを眺めていると、SIRRUS SPORTの

2007年モデルが早々に店内に飾ってあった。このモデルはフロント

フォークとリアのフレームがカーボンで出来ていて、路面の細かい

振動を吸収し滑らかに走るというのが、特徴なのだけど、アーチを

描いたフレームもカタログを見るよりもスッキリしていて、全体に

ふっくらとした感じはするが、以前のシンプルさは残っていて、個人

的にはすっかり気に入ってしまった。

img20061028.jpg


あまり見ていると、つい手がでそうになるのが分かるのか、娘が

”SIRRUSコレクションでもするとぉ?”といった目で睨んでいる

ので、作業が終わったらお金を払って早々に引き上げることにする。


帰り道、暮れてゆく空を映してあかね色に染まった室見川を眺めな

がらのんびりと二人並んで帰る道。夕風はすっかり冷たくなって

しまったが、こうやって娘と二人で一緒にいると暖かいものが

間にあるようで、不思議と満ち足りている自分がいる。灯り始めた

家の明かりから夕餉の匂いが漂ってきそうな時刻、さて我が家も

二人の団欒が待つ家路を急ごう。南の空には三日月が、笑っている

ように浮かんでいた。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/924-0913de21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。