日田-耶馬渓ツーリング-1

日田-耶馬渓ツーリング-1 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

まだ夜が明けきらない朝を起こさないように、そっと

キャリアに愛車を積み込む。旅の準備は昨夜のうちに

出来ているので、何も慌てることはないし、すでに旅慣

れてしまった一番の相棒の笑顔がそこにあるだけで今日の

旅が素晴らしいものになることを核心出来る。この季節と

しては少し肌寒いかもしれないが、その分空は晴れる。

そろそろ、朝日に向かって走り出すことにしよう。

p1200741.jpg

日田インターの手前から霧が立ちこめ始めて、一瞬夜に

逆戻りしているような錯覚さえ覚える。インターを降りて

すでにつぶれてしまったディスカウントストアーに車を

止めて、愛車二台を組み立てることにする。気温は10℃近

くあるのだろうが、霧が掛かって湿気が多いせいか体感温度

は、もっと低く感じてしまう。近くの24時間営業のスーパ

ーでお菓子などを買い、とりあえず日田駅まで行ってみること

にする。

p1200744.jpg


月隈公園を通り、霧の中で眠っているような豆田町の家並みを

眺めながら、日田駅へと向かう。この通りをオフ会では最初に

走ろうかと思っていたが、実際に走ってみると一番最後に

歩いて通るくらいが、この街並みのリズムに似合うだろう。

そんなことを思いながら、もう一度来た道を引き返すことにする。

p1200743.jpg


オフ会のスケジュール表を見ながら、8時に駐車場を出発する。

ここから大石峠まではずっと登りが続くが、集落がとぎれる辺り

までは比較的緩くなだらかな道が続いている。そして、霧。

この霧がきっと、秋の旅路の旅情を高めてくれるに違いない。

p1200749.jpg


峠が近づいてくると、坂道の勾配も次第にきつくなってくる。

朝靄の中で幻想的な風景が見え隠れする中、ところどころに

赤く色づき始めたハゼ葉っぱが見える。途中、三叉路のところ

で休憩し、そこから一気に峠までを走る。大石峠に着くと

トンネルが大きな口を開けて待っていてくれる。このトンネル

を抜けると、いよいよ耶馬渓が見えてくるはず。下り勾配の

トンネルに吸い込まれるように、娘の尾灯が加速して行く。

p1200759.jpg


トンネルを抜けると・・・という書き出しの読み物があるが

まさにトンネルと抜けると、さっきまでの峠道のしっとりと

した朝靄の風景が嘘のように、秋晴れののどかな風景が目の前

に拡がっている。まるで、時空間を越えてここに降り立ったか

のように、その風景に魅入られてしまっている私がいる。

p1200763.jpg


トンネルの出口から耶馬渓自転車道まではずっと下り勾配の道を

走ることになるが、その途中の家々もなんて情緒的な佇まいを

しているのだろう。古い石橋と古民家、そしてまるであつらえた

ようにある一本の真っ赤な紅葉。日本の秋がここに座っているようだ。

p1200769.jpg


山国町に入り自転車道に入るまでも、心に染みる風景が拡がっている。

イントロでこんな具合だもの、ここから先進んだらどうなるのだろう?

そんな変な期待感と、もっとゆっくり走りたい気持ちが入り交じって

なかなか前に進めないでいると、娘が笑って横を走りすぎていった。

p1200777.jpg


メイプルサイクルラインの入口にあるサイクルターミナルを一周し、

その近くにある神尾家の古民家を見学するが、こういう藁葺き屋根

のどっしりとした佇まいは、見るこちらの心まで落ち着かせてくれる。

オフ会では、ここも外せない。そんなことを思いながら、自転車道へ

入って行くことにする。

p1200784.jpg


自転車道は大抵がそうだが、ここも入口の案内板が無く、小さな標識が

立っているだけだ。自転車道を走り始めると、散歩をしている人達と

何回かすれ違い、そのたびに挨拶をすると優しい声が帰ってくる。

落ち葉が湿っている日影の道や、岩を切り通した道が山国川の流れに

沿って続いて行く。そして、古い橋、色づき始めた紅葉の木々と遠く

に見える岩肌が露わな背の低い山並み。こんな景色がずっと続いて

ゆくんだ・・・・。きっと、今日の旅は、今までの中で最高の旅に

なりそう。そう予感させる道が、目の前に細く長く続いている。

p1200790.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/920-ae244740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。