やまなみ-筋湯-九酔峡ツーリング-1

やまなみ-筋湯-九酔峡ツーリング-1 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日は日田温泉に浸かり、ゆっくりとツーリングの疲れを癒した

ので今朝は目覚めも良い。午前5時半過ぎにホテルを出て、まだ

くらい国道を豊後中村駅へと向かう。朝食は昨日のうちに買って

おいたお弁当をホテルで食べてきたし、娘も食欲旺盛だったし、

晴天になりそうな早朝の空の色を見ながら、心は今日のツーリング

へと深く傾き始めていた。

p1210022.gif


午前6時半過ぎに豊後中村駅について、駅員さんに駐車場を使うことを

告げて、駐車代の320円を払って車を止め、愛車2台を降ろして走り出す

準備をする。今日は標高400mから走り出すので、下着にはユニクロのヒー

テックの半袖シャツ、その上にポロシャツ、そして愛用のリキモリの上着

を重ねることにして、下はちょっと寒いがレーパンで行くことにする。

気温は国道の温度計で見たが6℃。これから標高1300mまで上るが、今日の

空模様だと、寒さに凍えることはないだろう。

p1210025.gif


駅を出て国道210号線を水分峠を目指して走り始めると、朝露に濡れた

風景達がまだ明けきらない朝の空の下で、ひっそりと輝いている。それに

しても、高地に来るとなんて朝は良い匂いをさせるのだろう。それが高地

で、秋の、朝の匂いだと、身体と心は誰に教えられることもなく知っている。

そんなことを不思議に思わせるほど、今朝の空気は清々しく身体に染みこ

んでくる。

p1210031.gif


5月の連休に走った感じだと、もっと急坂だったような気がするが、いざ

登り始めてみるとさほど勾配のきつさは感じない。寒さも気にならない。

それよりも朝靄に煙った風景や、色づいた木々や、誰も通らなくなった

石橋、旧道の佇まいの方に心が惹かれてしまっている。体調を心配して

いた娘もこんな風景の中にいる時は、そのことをすっかり忘れているようだ。

p1210034.gif


p1210036.gif


朝靄が消えて日の光が落ちてくると、風景は一斉にその色を取り戻して行く。

そしてその風景の中で娘の笑顔も輝いている。今日はきっと良いツーリング

になる。そう思わずにはいられないような、朝日と娘の笑顔を眺めながら

ペダルは軽く回っている。

p1210040.gif


p1210043.gif


p1210044.gif


水分峠に着くと、娘が楽しみにしていたお団子を食べることにする。きな粉

のたくさん付いた甘いお団子は、さっきあれほど朝食を食べたはずなのに

どうやら別腹に入ってしまうようだ。水分峠からはやまなみハイウェイを

走り、今日の最高地点の牧ノ戸峠を目指すことになる。3連休とあって車が

混雑するだろうが、ゆっくりゆっくりと紅葉を楽しみながら走ることにする。

p1210048.gif

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/916-0dd0f630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。