雨の中の散歩/1日の始まり

雨の中の散歩/1日の始まり に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

雨の月曜日、勤め人をしているときはこんな朝が大嫌いだった。

でも娘を学校まで送りながら、たわいない話や鬼ごっこをしな

がら歩く雨の道は楽しい。今日も校門まで娘を送り、赤いラン

ドセルが、校舎の中に消えて行くのを見送った後、室見川の河

川敷を歩くことにする。

p1210709.jpg


河川敷に降りると今日は、誰も歩いていない。気温は先週末より

高めの14℃くらいはあるのだけど、この空の色と冷たい雨では

歩く気分になれないのだろう。そんなシンとした風景の中、水鳥

達はいつものように、エサをついばんでいる。

p1210711.jpg


東の空を見ると少し明るいのだけど、まだ今朝は外灯が消えて

いないし、街路樹もまだ影絵のように固まっていて、色づき始

めた葉っぱの鮮やかな色も、雨に濡れてくすんでしまっている。

p1210710.jpg


室見橋を渡ると、傘を差した人達の群れが地下鉄の入口へと

吸い込まれて行く。その中を異邦人のようにまた河川敷へと

降りて行く。朝、歩き始めるようになってから、雨が好きに

なってきている。雨の中を歩いていると、不思議と気持ちが

落ち着いてくる。

p1210716.jpg


自転車に乗って雨が降ると、ブレーキも利かず、滑りやすく

神経質になってしまうこの天気も、歩いているとだけは、

不思議と優しく、私を包んでくれる。雨足が強くなると

ポンチョのフードを被り、そうすることで雨音が尚一層、

近くに感じられ、雨をもっと肌で感じることが出来る。

p1210718.jpg


まだ夜が明けきらないような薄暗い川面。そこにも鳥達の

営みが静かに始まっていて、降り続く雨の中でその光景を

ぼんやり眺めている私が居る。今日の1日はすでに始まって

居るのだろうが、私の1日はどうやらここから始まるようだ。

鳥達の運ぶ1日の始まり。さて、どんな1日になるのだろう?

p1210720.jpg


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/897-ae78ff93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。