夕暮れのポタリング

夕暮れのポタリング に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

久しぶりに二人揃って、何も予定が入っていない夕方。

たまには一緒に走ろうか?と言うことで愛車に跨り出か

ける事にする。といっても5時前なので、後40分ほどで

日が暮れる。ライトと前方の点滅灯を用意して出発する。

夕暮れから夜に掛けてのこの時間、一時間ほど走れれば

良いので、西九州道の下を波多江まで走って折り返す事に

する。

p1210743.jpg

高崎の坂を上って、今宿大塚、女原、徳永と、交差点の名前

を確かめるように進んで行く。徳永の交差点からの坂道を

登り切るともう、日が暮れかかってしまい、鮮やかな夕焼け空

に、真っ白な飛行機雲が伸び始めていた。

p1210744.jpg


波多江で折り返す頃には、もう日は山の向こうに沈んでしまい

小さなライトを頼りに、歩道を走って帰ることにするが、この

時間、自転車で帰宅する生徒達の多いこと。そして暗い色の冬服

を着ているので、無灯火で走ってくる自転車とすれ違うたびに

ヒヤッとしてしまう。飯氏からの坂道を登ったところで、車道が

二車線になるので、そこからは車道を走って帰ることにする。

p1210745.jpg


高崎の交差点でまた、自転車に乗った学生服の集団を見かけるが、

下り坂の歩道を無灯火で全力で駈けてゆくものや、車道を走って行く

もの。後ろから見ていると危なくてしょうがない。大きく交わして

追い越してみたものの、多分、おもしろ半分で付いてくるだろうなぁ

と思っていたら、案の定、後ろをついてくる。ここで事故でも起こ

されたらたまらないと思い、7割方くらいの速度で走り、信号待ちで

やり過ごすことにするが、多分、その近所の高校の生徒だろう。

交通ルールや、歩行者のことや、身の安全など何にも考えて無い

のだろうな。立場を逆して考える想像力もなさそうだし、そういう

風に躾た親の姿が、あの学生の数だけいると思うと情けなくなって

しまう。娘は?と思って振り返ってみると、全然相手にしてない

ようで、アホらしい、と言った顔で知らんぷりしている。どこか

の高校の生徒さん達、小学生から笑われているよ。学業よりも

マナー、常識を身に付けておくれ。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/894-701d4efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。