季節はずれの花

季節はずれの花 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

学校の宿題を進めるという娘を残して、10時位から散歩に出かける。

お昼までの二時間で、室見川から愛宕山を越えて帰ってこようと思って

出かけたが、今日は先日と違って暖かく良い天気。空に雲が広がって

いるが、雨が落ちてきそうな気配はなく、穏やかで高い空が頭の上を

覆っている。土曜日とあって今朝は、室見川の河川敷も歩いたり、ペッ

トを連れている人達で賑わっている。そんな中、相変わらず水鳥達を

眺めながら足を進めてゆく。

p1210833.jpg

河川敷の植え込みに咲いている紫の花。いつもとちょっとコースを変えた

だけで、真新しい風景が待っている。散歩の楽しみはこんな所にもある。

p1210834.jpg


愛宕山に登るのだから大好きな観音寺の参道から登ることにして、石段を

登り始める。先日まで色鮮やかだった桜の葉っぱも、すでに風で落ちてし

まい裸になった細い枝々が、まるで天を掴もうとするかのように空に向かっ

て手を伸ばしている。でも、その向こうの空は高い。雲よりも風よりも高い

ところから、じっと私達を見下ろしている。

p1210836.jpg


観音寺の境内に入り本堂に手を合わせた後、ふと振り返ると薄紫の彼岸花が

咲いている。最初、造花かな?と思わせるほど、鮮やかな色の季節はずれの

彼岸花は、まるで高層の衣のような、気品と美しさで笑いかけている。

p1210837.jpg


p1210839.jpg


p1210841.jpg


愛宕山の頂上から見る風景も、今日は遠くまで澄み渡っている。穏やかな

風の中でしばらくその風景を眺めた後、海側へ降りることにする。

p1210845.jpg


山の中腹には色鮮やかなハゼの葉っぱが、暖かい日差しを受けて輝いている。

今年はたくさんの紅葉を見た。耶馬渓の紅葉、くじゅうの紅葉、筋湯の紅葉

九酔峡の紅葉。そのどれもが、比べよう無い美しさで私の中に残っている。

また来年・・・そう言いかけて、口をつぐむ。先のことよりも、目の前の

風景に溶け込もう。この瞬間、この刹那の手触りを忘れないようにしよう。

p1210846.jpg


愛宕山を降りて、また室見川の方へ向かい歩き始める。潮が満ちて水かさが

増えた川面には、沈み駈けたボートが浮いている。そしてその向こうの空の

輝き。風景は逆光の中、色を無くし、ただ太陽の輝きだけが砕けたガラスの

ように深く、するどく水面に傷を残して行く。そしてその破片が心に刺さった

かのように、今日はその沈み駈けたボートが気に掛かる。まるで忘れ物をし

た子供のように、今日はそのことが気に掛かる。

p1210849.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/891-fbf5da27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。