落日のような朝

落日のような朝 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

落日のような太陽が昇る朝。朝霧は地表近くをすっぽりと

覆い、ここが別の次元のような不思議な雰囲気が拡がっている。

短い里帰りの朝、故郷への入口は異形の顔つきで向かえてくれた。

p1220858.jpg

午前中に定例の行事を終えて、午後から病院に父の様子を

見に行くが点滴はすでに外れ、変わりに鼻の穴から流動食

を流し込むようになっていた。正月の頃とは顔色も良くなり

ヘルパーさんに手伝ってもらって、週二回お風呂にも入れる

様になったようだ。眠そうな父に私の名を告げるのだけど、

一分ほど考えてやっと、私のことを思い出すのことは出来た

が、きっとまた来るときは忘れていることだろう。

p1220851.jpg


眠そうな父に”また来る”と告げて、病院を後にするが

最後の時までせめて穏やかで、安らかであるように今は

祈るしかないようだ。4月になれば娘もこちらに来るし、

それまでもつようだと、母の心労もきっと少なくなるだろう。

春、やがて来る新しい春。我が家ではそれぞれ、新しい

環境での生活が始まろうとしている。神様の大きな掌は

私達家族を乗せて、どこへ運ぼうとしているのだろう・・?

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/840-7afb246e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。