耳納山-星野-矢部-黒木ツーリング-5

耳納山-星野-矢部-黒木ツーリング-5 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

黒木の町中を通り過ぎ県道70号を、上陽町へ向けて走り始める。

雑木林を過ぎると平坦な田園地帯が拡がっている。日差しも

痛いくらいに落ちてきて、日焼けした肌をさらに焼いて行く。

夏のツーリングの醍醐味は、この日差しを受け止めながら汗だく

になって走ることあるのかもしれない。強い日差しを浴びるたび

に身体まで強くなって行くような錯覚を覚えながらペダルを踏んで行く。

p1170653.jpg

夏祭りの準備で賑わう上陽町を進み、街の出口にある石橋の上から

のぞき込むと、数人の人達が楽しそうに水遊びをしている。これから

始まる峠道に備えて、もう一度ここで一泳ぎすることにして橋のたもと

まで降り、勢いよく水の中に飛び込んで行く。それにしても、子供は

こういうことになると別のエネルギーで遊び始めるようで、さっきまで

日差しにあえいでいた顔とは別人のような元気さで川の中を泳いでいる。

p1170658.jpg


p1170662.jpg


川から上がり、また再び山村の中へと進んで行く。川の流れの音をバック

ミュージックに軽くペダルを踏んで行くと、道を曲がるたびに、坂を

登るたびに、違った表情の風景に出会うことが出来る。そして、その風景を

彩って行く色とりどりの夏の花々。そのどれもが、今日の太陽のかけらの

ようにキラキラと輝いて胸に残って行く。

p1170665.jpg


水を飲むために立ち止まって、ふと見上げる空には真っ白な雲が沸き立って

いた。これからひと雨来るのだろうか・・?ザーっとひと雨来れば、この

熱気もずいぶんと過ごしやすくなるのだろうが、まだまだ、日差しの方が

力が強そうだ。

p1170673.jpg


上陽町から納又の集落までは、緩やかな上り坂が続いて行き、ここから

かんかけ峠までの5㎞くらいが急坂の続く山道となる。集落の中の小さな

お店でアイスクリームと冷たいジュースで休憩した後、今日最後の坂道に

向けて走り出すことにする。

p1170675.jpg


風が止まり、むせかえるよう暑さの中をペダルを漕いで行くと、大粒の

汗がポタポタと落ちてくる。娘もこの暑さには苦戦しているようで、

1㎞走っては一回休憩というペースで走ることにする。この暑さの中で

無理をして走っても、何の意味もない。そのことは娘にもよく分かって

いるようで、自分なりに余力を残しながらまた、坂道を登り始めようと

していた。

p1170678.jpg


それにしても、今日のコースはどこを取っても山が深いし、緑が濃い。

その緑色が肌に染み込んで行くように、傾きかけた日差しが木立の

間から落ちてくる。峠の頂上を示すカーブの番号標識の数字が小さく

なってくると、次第に勾配も緩くなり、風の温度も山のさわやかさを

取り戻してくる。

p1170688.jpg


今朝、立ち寄ったかんかけ峠の展望台で、遅れてくる娘を待ちながら

夕暮れの色に染まり始めた、山並みをぼんやりと眺めることにする。

この時間、合歓の花は夕暮れの日差しを浴びて、その色を一段と鮮やか

に妖しく変えて行く。まるで、今日一日の出来事が夢の中の出来事の

様に思われると、一筋の風がその眠りを覚ますかのように私の横を

勢い良く吹きすぎて行く。

p1170684.jpg


p1170692.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/828-28a4a97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。