耳納山-星野-矢部-黒木ツーリング-6

耳納山-星野-矢部-黒木ツーリング-6 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

かんかけ峠から県道70号線を田主丸方面へ下り始めると、道幅は益々狭く

なり、コンクリート舗装の荒れた路面の道が続いている。視界の開けた

所からは、筑後平野の雄大な風景を眺めることが出来るが、とても、

軽快に飛ばして下れるような道ではない。注意してブレーキを引きながら

路面を良く確認しながら、用心して坂道を下ることにする。

p1170695.jpg

p1170697.jpg


坂道を下るに連れて、次第に風の温度が平地の暖かへと戻って行くのを

感じながら、長い坂道を下り続ける。コーナーの数が一桁台を示し始める

と路面も次第に良くなり道幅も広くなるので、気持ち良く坂道を下ることが

出来るようになる。それにつれて、回りにはブドウ園が目立ち初め、黄緑色

の鮮やかな棚に袋をかけられたブドウを、たくさん見ることが出来た。

p1170701.jpg


p1170706.jpg


田主丸から両筑橋まで、ほぼ平坦な道を軽快に走って行く。後ろ振り返ると

今降りてきた耳納の山々が見送るように、どっしりと腰を下ろしている。

田主丸の方からはとても登りたくないような坂道だったが、もう一度くらい

あの筑後川の雄大な景色を眺めに、行ってみたいような気がする。

p1170710.jpg


p1170718.jpg


両筑橋から筑後川自転車道に降りて、久留米を目指すことにする。自転車道に

入ると強い向かい風が吹き始めて、まるで今日の旅の最後を遅らかすかのように

私の前に立ちふさがってくる。そういえば、5月にここを走ったときは大雨の

中だった。そして今日は強風。夕立が運んできた風。きっとここの風景は、

私にいろんな顔を見せたいのだろう。そんな風に思うと、この風の重さは

無くなり、雨の匂いを楽しむようにギアを軽くして踏んで行くことにする。

p1170723.jpg


p1170725.jpg


久留米が近づいてくると、ところどころにまだ路面に水たまりが有り、夕立の

名残を残している。もう少し早く付いていたら、きっとびしょ濡れになって

いたに違いない。さっきの風は雨を避ける風だったのかもしれない。そう思い

心の中で合掌し、旅を見守ってくれる神様に感謝することにする。

p1170727.jpg


早朝から始まった夏山を巡る旅を終えて、エアコンの効いた車で家路をたどる。

それにしても今日はお腹が空いた。家に帰るのを待ちきれず近くの牛丼屋へ

飛び込み、大盛りの豚丼をかき込むことにする。そういえば家から持ってきた

おにぎりを3つと小さなあんパンを一つしか食べてないことを、思い出し

やれやれ、風景に見とれて空腹さえも忘れていたのだと思うと、なんだか

おかしくなってしまった。それにしても、今日は良いツーリングだった。

暑さも、空腹も、疲れも忘れさせるような山村を巡る道。もう二月ほど

時が流れて、涼しい風が吹き始める頃、もう一度あの村を訪ねることに

しよう。その時はきっと棚田を、彼岸花の朱色が飾っていることだろう。

p1170730.jpg


走行距離 120㎞  平均速度 15.0㎞


コメントを読む





スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/827-d4aa236c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。