秋空

秋空 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

秋空

今日は久しぶりの青空。こんな日にじっとしているなんて

出来もせず、午後からいそいそとウェアーに着替えて、

山へ向けて走り出すことにする。風は気持ち良く身体を

包んでくれるが、落ちてくる日差しは少し暑く、まだ9月

だということを思い出させてくれる。とおく背振山の上の

空にはもう秋の雲。季節はやはり雨の中で、変わってしま

ったようだ。

p1190201.jpg

日向峠を登りながら、このペースならまだ娘には負けないな

と思いながら、軽いギアをクルクル回して登って行く。その

まま峠を越え、末永まで一気に下り、また糸島峠へ向けて走り

出す。途中の道には先日見かけなかった彼岸花が咲き始めている。

季節の移り変わりを目で追いながら、ふと立ち止まって見上げる

空の青さ、高さ。まるで夏草の緑を吸い込んで、その色を濃くした

ような今日の空に、お似合いの鱗雲。

p1190207.jpg


峠道の木立の間から見上げる空。その空を分けるように延びて行く

飛行機雲。秋の空には真っ白な雲がよく似合う。

p1190209.jpg


峠で立ち止まると、風の涼しさが疲れを癒してくれる。ボトルの水を

飲み、深く深呼吸をして、始まったばかりの秋を体中で感じながら

また、次の旅へと心を遊ばせている。

p1190210.jpg


p1190211.jpg


秋風に包まれるように峠を下り、ダムサイトを抜け石釜の集落へと

降りて行く。先日よりもたくさんの彼岸花が咲き始めた、あぜ道に

立ち、夏草の緑と色づいた稲穂とその中に突き刺さるように茎を伸

ばした朱色の花を、カメラに納めて行く。

p1190215.jpg


それにしても、今日の空の美しいこと。先日までの雨に夏の汚れを

すっかり流してしまったような美しい青。こんな空の下ならば、

きっとどこまで走っても疲れはしないだろう。

p1190224.jpg


向かい風に押されながらゆっくりと川沿いの道を走る。ところどころ

見かける美しい花たちも夏の鮮やかさが消えて、どこか儚く澄んだ色を

している。そしてその花を優しく包むような今日の日差しもまた、秋の

色をしている。

p1190229.jpg


p1190232.jpg


飯盛山の麓に拡がる水田の稲穂も、もう黄色く熟れかかっている。その稲穂

を揺らしながら風が吹き渡って行くが、きっとこの風が季節の色を塗り替えて

いっているのだろう。目には見えない絵筆のような風の動きが、その手さばき

鮮やかさを教えてくれる。こうやって日々、季節の色は塗り替えられて行くの

のだろう。風の中を走りながら、私も季節の絵の具に染まってしまいたい。あ

の空のように、青く澄んだ色に染まってしまいたい。

p1190233.jpg


走行距離 36.2㎞  平均時速 22.0㎞/h
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/782-75ec2228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。