夕暮れの風に吹かれて

夕暮れの風に吹かれて に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

最近、自転車の練習が好きなったらしい娘は、学校から帰って

おやつを食べると、さっさと着替えて走る用意をしている。

それじゃ、一緒に走ろうかと思い、”今日はどこを走るとや?”

と聞くと”日向~♪”と返事。でもこの時間だとダンプが多

そうなので、曲淵ダムへ走ることにして出かける。家を出て

外環状線に入ると、北からの追い風に乗ってスイスイ走れる。

娘も気持ちよさそうに、ペダルを回して行く。

p1190269.jpg

背振山の上には、傘雲らしい大きな雲が乗っかっている。

”こんな雲、初めて見た~”と、素直に驚きながら立ち

止まる娘の後ろで、何となく嬉しくなっている私がいる。

p1190271.jpg


昼間は日差しの下だと暑いくらいだったのが、この時間、夕風に

包まれて走っていると、汗をかくこともない。室見川沿いを

走り、内野の手前で彼岸花が見事に咲き始めている田圃を

見つけて休憩。初秋を代表するこの花は、夕暮れの光が一番

よく似合う。暮れてゆく光の中で、なまめかしく妖しく佇み

ながら、静かに夜を、そして秋を誘っている。

p1190282.jpg


p1190283.jpg


曲淵ダムまでの坂道を登りながら、後ろから見る娘の足取りは

軽い。乗り始めの頃、あんなに苦労して登っていた坂道を今は、

回りの景色を楽しみながら登れる余裕がある。これくらい走れ

れば、次のツーリングも楽に走れるだろう。そう思うと、週末が

来るのが待ち遠しくてたまらなくなる。

p1190288.jpg


曲淵ダムで小休止をして、糸島峠へとまた登り始める。坂道を

登りながら”何で日向峠の方が良いとぉ?”と聞くと”あの

曲がりくねった坂道が良いと”と答える。”なんで曲がっと

たほうが良いと?”と再び聞くと”曲がる毎にね、峠が近づい

て来るけん、なんか達成感があると”と、なんとまあ、マニ

アックな返事。いやはや、パスハンターの素質十分だなぁ・・

と、妙に感心し、納得してしまう(笑)

p1190292.jpg


糸島峠でいつものワンちゃんに挨拶をして、坂道を下り始める。

下りでスピードが上がってくると、もう風が冷たく感じるが

その風が気持ち良く、車の後ろに並んで一気に坂道を駆け下りる。

坂道を下り終えると、夕暮れに染まった可也山から拡がる田園

風景が拡がっていて、なおさら秋の始まりを感じさせてくれる。

p1190295.jpg


末永から飯氏までの緩やかな下り坂を30㎞/hくらいのペースで

走るが、娘もピッタリと後ろに張り付いている。”調子良さそ

うやね~”と聞くと”このくらいのペースが良いよね~、景色も

ちゃんと見れるし~”との返事。まだまだこれくらいだと、余裕

な訳だ(笑)今度のツーリングのルート、もうちょっと、坂道を

増やそうかな・・・。

p1190296.jpg


飯氏から拾六町ICまでは、先頭を交代しながら走るけど、後ろから

見る娘の走り方が、力が抜けて良い感じのフォームになってきている。

これから日を追う毎に、成長してゆくだろう娘の未来に期待しながら

今日の練習を終えることにしよう。それにしても、秋は日暮れが早い。

これからはライト装備は、欠かせなくなりそうだ。


走行距離 32.5㎞  平均速度 22.0㎞/h
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/777-7a55b563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。