金山背振林道ツーリング-1

金山背振林道ツーリング-1 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ポッカリと何も予定のない土曜日。今日はのんびりと家でゴロゴロ

しようかと思っていたのだけど、透き通るような快晴の空を見上げて

いると、いてもたってもいられなくなって、娘を誘って短いツーリング

に出かけることにする。行く先はこの高い空を一番近くで見れるところ。

そう、背振山に決めて走り始める。

p1190383.jpg

風もない穏やかな日差しの中ではペダルも軽い。室見川沿いをのんびりと

走りながら内野へ向けて進んで行くと、辺りは彼岸花の花盛り。まるで

今日の彼岸を知っているかのように、申し合わせたように現れてくる

この季節の花に見送られるように、軽やかにペダルを踏んで行く。

p1190389.jpg


内野から曲淵ダムへと向かう道沿いも、赤い花で彩られている。その花を

カメラに納めながら、気分はツーリングというよりもポタリング。娘に

いわせれば”進まない病”の中で、おだやかな短い旅が進んで行く。

p1190396.jpg


久しぶりの三瀬峠を登りながら、トンネルの入口で一休みをしていると

バイクに乗った人に声を掛けられる。なにやら私のブログを見ているらしく

2台の自転車を見てもしやと思い声を掛けられてきたらしい。いやはや、

うれしいやら恥ずかしいやらで、ろくに話も出来なかったけど、颯爽と

大型バイクを走らせて立ち去って行く姿に、もう一度頭を下げて再び

旧道の坂道を登り始める。坂道を登りながら吹いてくる風の冷たさに

季節の訪れを感じながら、ゆっくりとゆっくりと登って行く。日差しが

強いので上着は要らないかなと思っていたが、これから先の季節は

もう一枚長袖を用意しておいた方が良さそうだ。

p1190403.jpg


三瀬峠で一休みをして下り始める。風はヒンヤリとして気持ちいいという

よりも、少し冷たさを感じるくらいに身体の熱を奪って行く。今日は県道を

通らずに金山背振林道を通って背振まで行く予定だけど、三瀬峠側が通行止め

という情報があったので一旦料金所の所まで降り、井手野まで続く道に入り

背振を目指すことにする。国道から一歩外れると、週末の車の喧噪も嘘のよう

に消えて、辺りは秋の気配を纏った穏やかな山村の風景へと様変わりする。

木の枝には実を結び始めたドングリが、恥ずかしそうに顔を覗かせている。

p1190411.jpg


緩やかにアップダウンを繰り返すこの道は、思っていたよりもこの季節を

楽しませてくれる。時折咲き始めたばかりのコスモスが顔を覗かせたり、

秋色に染まり始めた山肌が見えたり、次第に短いはずのポタリングが、

初秋を巡る旅へと変わり始めていた。

p1190416.jpg


お腹が空いてきたので時計を見るとちょうど12時を差している。適当な

場所に自転車を止めて土手の上で、途中で買ってきたおにぎりで簡単な

昼食を済ます。それにしても、こんな澄んだ日差しの中で食べると、

ただのおにぎりもごちそうになってしまう。土手に放り出されたような

大きなカボチャや、この道を走るマラソンコースの案内のことなどを

話しながら、たわいもない時間が、そして一番幸せな時間が静かに過

ぎて行く。

p1190421.jpg


おにぎりを頬張りながら、ふと目を向けると小さなトンボが風に吹かれ

ながら止まっている。赤トンボをひとくくりに覚えているが、真っ赤な

胴体のこのトンボは久しぶりに見たような気がする。ナツアカネ、アキ

アカネ、ヒメアカネと無い知恵を絞って思い出してみるが、やはり、

私には赤トンボで括っていた方が良さそうだ(笑)

p1190425.jpg


食事を終えてとりあえず井手野の集落まで走ってみるが、林道の情報は

無く、一旦県道46号線まで出てみるものの、地図で見ると金山背振林道

へ抜ける井手野林道が通れそうなので、もう一度引き返してその道の

入口を捜してみることにする。井手野の集落の中に自然歩道の案内板が

有ったのでたぶん、この道だろうと思い登り始める。

p1190430.jpg


この道、地図で見た通り山肌を一直線に登っている道なので、距離は短い

もののいきなり急勾配へと変わってゆく。今日は急ぐ旅ではないので、

こういう坂道も楽しめるが、道に迷ったときなどには絶対に出会いたく

ない道の一つだ。

p1190434.jpg



コメントを読む



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/774-36c38ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。