キンモクセイの香りの中で

キンモクセイの香りの中で に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日は娘は塾の日なので塾に送り出し後、1人で走りに行くことにする。

最近は午後から北の風が強くなるので、風を避けるように山の方へ走り

行くことが多くなっているが、今日もそのパターンで糸島峠、日向峠を

回るコースを走ることにする。家を出て外環状線に入ると、案の定、強い

北風が背中を押してくれるので、スイスイとスピードが上がって行き、

車と並んであっという間に橋本駅を通り過ぎてしまう。地下鉄車両基地

の方へ曲がり運動公園を過ぎると、辺りはすっかり色づいた、稲穂が実る

秋の夕暮れの風景に変わってしまう。もうすでに、盛りを過ぎ始めた彼岸花

は少しずつ色褪せながら、次の季節へとバトンを渡しているかのようだ。

p1190648.jpg

時折、雲間から落ちてくる日差しの中で、銀色の穂が妖しく輝いている。

風に揺れ、手招きをするようなその姿は、誰を誘い、何を招いているのだろう・・?

p1190647.jpg


曲淵ダムへと続く坂道をいつもよりも速いペースで上がって行くと、夕暮れの

冷たい風の中でも、汗が噴き出してくる。ダム公園入口のところで写真を撮ろ

うと一休みするが、このまま休まずに走ったら良いタイムが出たかもしれない

などと、柄にもないことを思ってしまう。水を飲みながら刈り取りの終わった

田圃とあぜ道に咲いている彼岸花の風景を眺めていると、不思議と心が和んで

くるのは、きっと、これが私の心の中の秋の風景とピタリと重なるからだろう。

p1190655.jpg


車の邪魔にならないように、ここからは歩道を走って曲淵ダムへと向かう。

さっきまでのペースで上がって行くと、曲淵ダムの手前でタイヤの感触が

おかしいのに気づいて止めてみると、どうやらパンクしているようだ。やれ

やれ、やはり柄にもないことはするものではない。ゆっくり走れと誰かから

諭されたような気がして、自転車を押しながらダムサイトまで進むことにする。

路肩の広いところで”パンク屋でござ~い”と店開きをして、タイヤを点検すると

3mm角くらいのガラス片が刺さっている。パンクの箇所がはっきりしているので、

替えチューブを使うこともなく、パッチで直すことにする。チューブを取りだし、

ゴム糊を塗り、それが乾くまでぼんやりと夕暮れのダムを眺めたりする。パンク

修理が終わって、サドルバックを取り付けようとすると、ストラップが擦り切れて

しまっている。パンクのおかげで、サドルバックを落とさずに済んだと、目に見え

ず見守ってくれている誰かに感謝することにする。

p1190662.jpg


パンク修理ですっかり汗が引いてしまい、少し寒ささえ感じてきたので、少し急いで

糸島峠まで登ることにする。峠から見る今日の夕暮れは、黒い雲の中で静かに

暮れてゆこうとしていた。

p1190667.jpg


峠を下って行くと、どこからか甘い香りが微かに漂ってくる。もしやと思い、その

香りをたぐって行くと、やはり、キンモクセイが咲いていた。この花の香りが

すれば、秋は本番。今年は秋の訪れがずいぶんと早い。

p1190669.jpg


峠を下りそのまま飯氏の方へ抜けて帰ろうかとも思ったが、さっきパンク修理で休んだ

分、足に元気が残っているようなので日向峠へと登ることにして走り始めるが、

走り始めたとたん、刈り取りの終わった田圃の藁積みの風景に足を止めてしまう。

今日のこの一時にしか、出会えない風景。そんな声が、風の中から聞こえたような

気がする。

p1190674.jpg


日向峠へと登りながらも、ところどころに顔を覗かせる秋に目を配って行く。

赤く熟れ始めたカラスウリは、今日の夕日の変わりのように、草むらから

そっと顔を覗かせている。

p1190677.jpg


日向峠に登るとすでに夕闇が訪れようとしていた。採石場の向こうに暮れてゆく空。

風も涼しさを通り越し、肌寒さを運んでくる。記念碑の前で水を飲み、夕闇に囚われ

る前に峠道を下ることにする。下りながら風の中にまた、キンモクセイが香ったよう

気がした。

p1190679.jpg


p1190678.jpg



走行距離 34.2㎞


コメントを読む




スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/770-4c367b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。