春のオフ会

春のオフ会 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

筑後川の朝靄の中から、今日の1日は始まる。シンと冷え込んだ

朝の空気は今日一日の快晴を約束してくれるように、私達親子を

包んでくれる。みんなよりも一足先に集合場所に降り立ち、愛車を

組み立てて、身体をほぐしていると、次々と今日のオフ会のメンバーが

やってくる。それぞれに用意を済ませ、しばらく談笑した後、筑後川を

上流へと走り始める。


P1120188.jpg


親子二人で走るときは、後から追ってくる娘をいつも気に掛けていなければ

いけないが、今日は女性メンバーと一緒に走っているので、自分のペースで

走りを楽しむことが出来る。健脚のロードバイクに混じって菜の花の匂いの

する風の中を、思いっきり力を入れて漕ぐと、普段の練習の時と違って、

身体が、愛車が走りたがっているのが良く分かる。あぁ、こんな風に走りた

かったんだ・・・・。仲間に囲まれながら、その喜びが走る力に変わってゆく。

P1120209.jpg


遅れてくる娘達を待つ間は、自転車談義やカメラタイムとなる。日頃自分の

走っている姿は写真に写せないので、仲間の撮った写真は一番のお土産だ。

かわるがわるのシャッターを切り、今日の春の1日を、暖かさをカメラの中に

納めてゆく。

P1120218.jpg


それにしても今日は最高の1日。こんな春の晴れた日に、この道を走れることなど

これから先、何回出会えるだろう。仲間の1人が来月この町から旅立つのだが、

こんな晴れた日に、彼を送ってあげられるのが、せめてもの慰めになるだろう。

その思いに応えるかのように、Boyのペダルも今日は軽く、このままどこまでも、

走れそうな気がしてくる。

P1120227.jpg


サイクリングロードから国道へ上がり、夜明ダムから小石原へと続く坂道が

始まるが、ここの緩やかな勾配も、今日の私達の走りを助けてくれるように、

足に優しい。山あいの山村の風景が近づき、遠ざかり、春の花たちに見送られる

ように、風のように駆け抜けて行ける。

P1120229.jpg


つづみの里まで登ったところで、1人ペースを落とし、風景の呼ぶ声に耳を澄ます。

細い川の水の音に混じって、森の中からたくさんの声が聞こえるが、そのどれもが、

優しい笑い声で、呼びかけてくれる。そして透明な暖かい大きな腕で包んでくれる。

その腕の温もりは、先に行った仲間にも、後から来る仲間にもきっと伝わるはずだろう。

P1120243.jpg


峠を登り切り、食べきれないほどのたくさんの山菜の昼食を食べた後、午後のツーリング

が始まる。曲がりくねった下りの坂道では、春風がはしゃぎ回っている。まるで、一緒に

遊ぼうと行っているかのように、私達の廻りを駆け回る。”もっとゆっくり、この時間を

たのしもう”そんな声も、風の中から聞こえてくる。そして、その風の申し子のような

心優しい仲間達。


P1120246.jpg


ダムサイトを過ぎ、行くはずだった秋月には寄らず、再び筑後川を目指す。相変わらず

じゃれてくる風は、すっかり森の匂いを無くし、変わりに春の畑の匂いを身に纏っている。

立ち止まり、見上げる空には、目に見えない桜吹雪が舞っているように、薄いピンクの

靄が掛かっている。暮れないで欲しい1日が有るとすれば、今日がその1日だろう。

そしてその一に日出会えた喜び。見送る寂しさ。2つの気持ちが混じり合って

今日1日を彩ってゆく。

P1120252.jpg


筑後川のサイクリングロードに降り立つ頃から、夕暮れが始まる。今日一日の光を

包み込んだ菜の花は、暮れるにしたがい、その色を濃くしてゆき、帰りの道を

華やかに飾ってくれる。その中を疲れも見せずに走ってゆく仲間達。ハンドルを

強く握り、ペダルを踏み込むと、”まだまだ行ける”とBoyが笑っている。

仲間の背中を少し離れて眺めながら、その姿が春の幻のように見えてくる時間。

そのまま彼らが夕暮れの中に消えてゆきそうな気がして、慌ててその背中を

追いかけてゆく。

P1120277.jpg


帰り着くと今日一日お腹一杯になるまで走った身体は、何もかもから解き放された

ように軽い。疲れた足にも今日一日の時間が詰まっている。あぁなんて楽しい1日

だったのだろう。きっと1人では味わえなかった時間を与えてくれた仲間達に

感謝しながら、このツーリングを終わることにしよう。今日の全ての時間に、

太陽に、空に、風に、そして素晴らしい仲間に、ありがとう。

まだいつか、どこかの道で。だから、旅立つ仲間にも、さよならは言わない。


P1120265.jpg


走行距離 120.14㎞   走行時間 5時間35分  平均速度 21.5㎞/h


コメントを読む



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。