遠回りの朝

遠回りの朝 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

やっと初夏を思わせるような、晴天の朝が訪れた。まぶしい日差しに

包まれながらの今朝の散歩は、いつもよりも遠回りをして帰ることにしよう。

路地沿いの家の庭にはたくさんの花が咲いている。その花たちに挨拶を

しながらたどる道のりは、足取りも軽く心も軽い。こんな素晴らしい朝に

目覚めたことを感謝しながら、花たちの姿をカメラに納めてゆく。

P1130383.jpg


今が盛りのツツジの花は、家毎に違う色の花を咲かせて、通り過ぎる人達の

目を楽しませてくれる。真っ白い花は、朝の光をその花弁に捉えて小さな太陽

の様にに輝いている。

P1130375.jpg


P1130389.jpg


P1130377.jpg


道端に落ちた種から芽生えたポピーも、しっかりと美しい花を咲かせている。

太陽の光に透かすと、花びらはなんと美しい色を見せてくれるのだろう。

まるでそこから、美しい妖精が飛び立つのではないかと思わせるような

佇まいをしている。

P1130393.jpg


欲張りな小鳥は、サクランボの実を口いっぱいに頬張っている。その姿を

見られたのが恥ずかしいのか、こちらをキッと睨んで高い枝へと飛び移っていった

P1130395.jpg


ピンク色の花、白い花、この花たちの盛りが終わると、本格的な初夏がこの町にも

やってくる。春と初夏のはざまに咲く花たちの色は、ガラスのような透明感がある。

P1130368.jpg


P1130388.jpg


マンションへと続く短い路地から空を見上げると、空の色も初夏の色。風の姿を

映して流れる細い雲の高さまで背伸びが出来れば、きっと私の旅も見えるのだろう。

その空から落ちてくる日差しをもう一度、身体全部で確かめるように両手を広げると

その上に今日1日分の幸せが落ちてくるようだ。

P1130411.jpg


P1130415.jpg



コメントを読む






スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/703-bcd1fdbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。