FC2ブログ

旅の中休み-2

旅の中休み-2 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
鉄輪に続く坂道を登り始めると、別府らしい温泉の匂いがあちこちから漂ってくる。

こんな道端に源泉があるのも、この町特有の風景だろう。勢いよく吹き出す蒸気には、

大地の力がこもっているようだ。

P1140075.jpg

鉄輪温泉の入口には、地獄巡りの中のコースが4つ程、集まっている。すでに観光客の

車でにぎわい始めている駐車場を横切り、入口でだけ記念撮影を撮りながら、今日の

目的地の明礬温泉を目指すことにする。

P1140077.jpg


P1140078.jpg


鉄輪温泉から明礬温泉へ折れる道のそばには坊主地獄がある。そしてその向こうにそびえる

鶴見岳のロープウェイも今日は、はっきりと見ることが出来る。明日はこの道を再び通って

福岡まで帰ることになるのだが、思っていたよりも辛い坂ではないようなので、内心ホッと

しながらポタリングを続けることにする。

P1140079.jpg


P1140081.jpg


P1140084.jpg


日出町まで続く高速道路の高架をくぐると、明礬温泉が見えてくる。振り返ると、朝日に

輝く別府湾が霞んで見え、目の前に高く拡がる空を、無機質なコンクリートの高架橋が

鋭利に区切っている。こんな風景にも旅が潜んでいる。今回の長旅の中で、私の中の

旅がその形を変えていっているのを、どこか心地よい気持ちで見守っている自分がいる。

P1140092.jpg


明礬温泉に着くと尚いっそう、硫黄の匂いが強くなる。温泉街の急な坂道を登りきると

そこには”湯ノ花”採取する藁葺きの小屋が見えてくる。今日のポタリングは、この風景

を見るためにある。しばらく立てかけておくだけで、愛車が朽ち果ててしまいそうなくらい

温泉の煙が吹き出ている石垣にBoyを立てかけて、急いで記念撮影を終える。

P1140102.jpg


お店で何か食べようかとも思ったのだけど、朝食をしっかり食べたせいか、

全然お腹がすいていない。それじゃ、もう少し散歩を続けようと言うことにして、

再び、ひなびた温泉街の細い道を伝い、坂道を下ることにする。

P1140111.jpg


スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/689-31ea829c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック