雨のツーリングを経て・・

雨のツーリングを経て・・ に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

回のロングツーリングの最終日は、午後からの100㎞を雨の

中を走行したのだけど、その時の雨対策について今日は書いて

みようと思う。まず、今回幸いだったのは、日田市内で雨対策

用のビニール袋を買おうとお店を調べていたのだけど、予想通り

にその頃から雨が降り始めたこと。もし、それ以前に雨が降り出す

ことも考えれば、長期間のツーリング時は、雨対策用品を前もって

準備しておくことが必要になってくるだろう。

P1140453.jpg

今回このツーリングで雨対策に準備した物は、大きめの透明ビニール袋

65㎝×80㎝ 10枚入(88円)と透明のビニールテープ(50円くらい)

の2つだけ。この2つだけで、電装品、フロントバック、ウェスト

ポーチの雨対策をしたのだけど、バック類は濡れることもなく、

電装品も最後までキチンと動作してくれたし、今も問題なく動作

してくれている。ではその方法を具体的に説明してゆくことにしよう。

P1140463.jpg


まず、フロントバックは、ビニール袋にそのまますっぽりと入れてしまう。

このままの状態で、ハンドルに付いているアタッチメントに取り付けても

少々袋が破れる位で済むので、そこから雨が大量に入ってくることはない。

P1140464.jpg


袋の端は結んでも良いのだけど、私の場合、カメラを頻繁に取り出すので

ハンドルとバックの間に詰め込んでおくと、いちいち結び直す必要もないし

走っているときに、外れることもなかった。透明ビニールを使うことで、

マップケースの地図も普段通りに見れるし、バックのサイドに付けた点滅灯

の灯りが隠れてしまうこともない。(一番最初の写真参考)

P1140452.jpg


次にウェストポーチだけど、広げたビニール袋の上にウェストポーチを置いて

クルクルと巻いて行き、端々をビニールテープで固定する。これは帰るまで

物を取り出すことが出来ないので、財布とかは雨具のポケット、もしくは

フロントバック内に移動しておく。

P1140465.jpg


P1140467.jpg


次に電装品の継ぎ目をビニールテープで養生する。サイクルコンピュータは、

上部のボタンと裏面の電池ケースにテープを貼った後、側面をぐるりと一周

巻いてしまう。

P1140460.jpg


ライトは継ぎ目を全てテープで巻いてしまう。透明のテープを使うと、電球

回りにテープを貼っても、照明が暗くなることもない。これだけテープで巻いて

いても、帰ってケースを開けてみると、少し水が入ってました。

P1140462.jpg


もう一つ大事なのが、自分の雨対策。今回はユニクロで買ったポンチョ

(バーゲンで500円)を持っていったのだけど、最初は半袖の上に着込んで走っ

ていると、汗をかいた肌にポンチョがまとわりついてくるし、肩口が冷えて

きて、風邪を引きそうな気がしてくる。(その日の気温は、20℃くらいです)

途中で、薄手の長袖と荷物を減らすために下着(ランニング)を着込んだの

だけど、汗に蒸れることもなく、最後まで寒さを感じることなく走ることが出来た。

フードが邪魔になるかと思ったけど、ヘルメットの下に被っていると走行中に

バタつくこともなかった

P1140468.jpg


後、雨の中を長時間走行していると、自転車にも不具合が出てくる。まず、

・走行3時間目くらいから、変速機がスムースに動かなくなる。(油ぎれ)

・ブレーキの利きも悪くなる。
(雨天走行時は、ブレーキシューの減りが早い。最悪、スペアが必要かも・・)

・翌日もツーリングが続く場合は、オイルも持ってゆく必要がある。
(帰ってから水気を拭いておいたのだけど、チェーンにはうっすらと赤さびが浮いてました)

いつも100円ショップで買った化粧液入れに、オイルを入れて携帯してます。

P1140461.jpg


雨天時の走行も注意が必要になる。

・雨が大降りになると、目に雨が流れ込んでくる。
(短いつば付きのサイクルキャップが効果的かも)

・夕暮れから夜になると、路面の状態が全く分からなくなるので、ゆっくりしか走れない。
(走行スケジュールが、相当遅れます)

・メガネを掛けていると、レンズについた水滴と対向車のライトで、全く前が見えない。
(車が来るたびに、止まってました)

と言う訳なので、よほどのことがない限り、雨の日の夜間走行はしない方が良いと思う。

まあ、好きこのんで雨の日に、ましてや夜に走る人はいないだろうけど、

よもや、そういう状況に出くわしたときは、安全第一を考えて徐行運転をお願いします。


今回の雨天走行を経験して思ったことは、昼間の雨だったら、大してツーリングに

影響を及ぼさないこと。暖かい雨だったこともあるが、これは新鮮な発見だった。

これでまた、自分のツーリングの幅が一つ拡がったような気がする。

雨が降ってきたら、その雨を楽しむ”心の余裕”も旅の必需品かもしれない。


コメントを読む




スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/678-cc0049a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。