雨の合間の練習コース

雨の合間の練習コース に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

朝方降っていた雨が、今日一日降り続くかと思っていたが、

10時過ぎには路面が乾いてしまったので、仕事の合間を

見て、久しぶりに日向峠~糸島峠の練習コースを走ることにする。

ウェアに着替えて外に出ると、風がヒヤッと感じるが走り出せば

かえって心地よく感じるだろう。室見川沿いを走りながら、曲淵ダム

へ向かうか、いきなり日向峠の坂道を登るかちょっと悩んだが、

走り慣れているコースの方が良いかもしれないと思い、日向峠へ

向かうことにする。

P1140571.jpg



峠へ続く坂道沿いには初夏を彩る花たちが、今朝の雨に濡れたまま

の姿でひっそりと佇んでいる。久しぶりに登る坂道の休む言い訳の

ように、その花たちをカメラに納めるために何回か立ち止まり、

息を整えながら日向峠を越えることにする。

P1140572.jpg


この季節はアザミが美しい。まるでツツジの色を引き継いだような

その花は、やがて紫陽花へとその色を引き継いでゆく。その紫陽花の

花はまだ、堅いつぼみの中で眠っている。

P1140575.jpg


P1140583.jpg


峠を越えると、一気に末永の交差点まで駆け下りる。今日のように風に

邪魔をされなければ、峠下の雑貨店までは50㎞/hを下回ることなく走る

ことが出来る。その速度の中で、流れてゆく新緑の風景もまた心地よい。

P1140586.jpg


P1140585.jpg


末永の交差点から左折して、糸島峠へ続く坂道を登り始めるが、途中、新緑

に誘われるように、村中へ続く細い道へと迷い込む。道の行く手には、

小さな畑を携えた、朽ちかけたような小屋。その畑には、小屋を弔うように

紫色の花がひっそりと咲いていた。

P1140593.jpg


川原の集落手前で息を整えていると、土手の下にたくさんのアザミの花が

咲いていた。盛りを過ぎてはいるが、その花の蜜を求めて一匹の黒いアゲハチョウ

がしきりに飛び回っている。そんな景色をカメラに納めながら、連休の旅以来、

少し心の視野が広がったように思えてくる。

P1140605.jpg


久しぶりに登る糸島峠の勾配を、しっかりと脚で感じながら、軽め軽めのギアで

ゆっくりと登ってゆく。生憎と今日は遠くが霞んではっきりしない風景だが、

雨の香りが残った峠道は、汗ばんだ身体に力を与えてくれるような気がする。

P1140608.jpg


糸島峠を下り、曲淵ダムが見える小径に入って写真を撮った後、トンネルを

くぐって一気に内野まで下ることにする。久しぶりの練習コースで、心地よい

疲れを感じながら、心は次のツーリングの準備を始めているようだった。

P1140612.jpg


走行距離 33.2㎞  走行時間 1時間39分 平均時速 20㎞/h 


コメントを読む





スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/676-e13e1345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。