暮れてゆく海、暮れ残る空

暮れてゆく海、暮れ残る空 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日は午前中、久しぶりに車で北九州まで打合せに行くことに

する。8時過ぎに自宅を出て都市高速、九州道と乗り継いで行った

が、特に渋滞に巻き込まれることもなく、順調に走って小倉に

到着する。打合せの時間より30分ほど早くついてしまったので、

小倉城周辺を散策しながら、時間をつぶすことにする。打合せは

30分ほどで終わり、特に問題もなく来週からも順調に仕事が続け

られそうだ。帰りは高速を古賀インターで降りて、先日無くした

ボトルケージとスペアチューブ、オイルをフリーライドで買って

帰る。

p1160702.jpg

午前中の打合せで、仕事は来週から掛かっても充分間に合いそう

なので、少し遅い昼食の後、室見川まで散歩に行くことにする。

真夏とまではいかないが、まぶしい日差しの中を走っていると、

もう夏が近いことを、肌で感じることが出来る。運動公園当たり

まで走って、川沿いの石段に腰掛けてぼんやり空の色や雲の流れ

るのを見ていると、あっという間に時間が過ぎてゆく。

p1160716.jpg


以前はこうやってぼんやりすることが出来ずにいたのに、今は何も

しないで、いつまでも風景を眺めていることが出来る。まるで自分

がその風景の一部になってしまったように、じっと座っていること

が出来る。

p1160725.jpg


4時前になり少し日が傾きかけた頃、家に戻ることにする。家に戻ると

しばらくして学校から娘が帰ってきたので、おやつを食べさせた後、もう

一度自転車で散歩に行くことにする。どこにゆこうかと考えたあげく、

昨日走ったコースを少し延ばして、野北の方まで走って二見浦を回って

帰ることにして、家を出ることにする。

p1160730.jpg


西九州道の下をのんびりと走りながら、なるべく上半身に力を入れない

ように姿勢に気をつけてペダルを踏んでゆく。自宅から波多江までの

この道は適当にアップダウンがあるので、フォームやペダリングを確認

しながら走るには良い道だ。少し重めのギアを踏みながら、向かい風の

中を夏の匂いを探すかのように、風を切って進んでゆく。

p1160736.jpg


昨日と同じように、波多江の交差点から産の宮へ抜け、暮れかかってゆく

田園風景の中を可也山に向けて走って行く。初夏のこの時期、水を張った

田圃と夕暮れの風景は何度見ても飽きることが無く、昨日とはまた違った

佇まいを見せる風景の中を何度も立ち止まりながら、夕暮れのポタリングが

続いて行く。

p1160739.jpg


このまま芥屋まで走っても良いかなと思ったのだけど、また夜道を走ることに

なりそうなので、夫婦橋の交差点から”初”を通り野北の方へ向かうことにする。

すでに田植えの終わった田圃では、夜を待ちきれないかのようにカエルの合唱が

始まっている。その懐かしいような鳴き声を聞いていると、幼い頃遊んだ川の流れ

の音が聞こえてくるような気がしてくる。

p1160746.jpg


野北の交差点からは追い風に変わるので、ペダルも軽くなり風に乗るように気持ち

良く進んで行く。二見浦の手前で海岸へと降りて、夕暮れの海を眺めることにする

が、薄い雲が広がった今日の空だと、昨日のような夕日も夕焼けも望めそうにない。

p1160749.jpg


それでも潮の引きかけた海は、昨日よりも透き通った色で暮れてゆく空の明るさを

映して拡がっている。まぶしい鮮やかな夕暮れも良いが、ぼんやりと暮れてゆく今日

のような夕暮れもまた良い。おだやかな明日が訪れそうな、優しい色をした空と海に

見送られるように海岸を後にする。

p1160781.jpg


二見浦を通り抜けると夕暮れのこの時間を恋人と楽しむ人達や、夕暮れの風景を

カメラに納めようとする人達の姿が見える。はたして、どんな夕暮れが彼らの上

に上に訪れるのだろう・・?

p1160786.jpg


少し遅れてついてくる娘が追いつくのを待ちながら、灘山の坂道の上で見上げる空。

まだそこには蒼く澄んだ空が暮れ残っている。まるで遊びすぎて帰りそびれた子供

のように、途方に暮れて立ちすくんでいる。


51.8㎞ (室見川7.5㎞+夕方ポタ44.3㎞)


コメントを読む



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/641-9e862be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。