FC2ブログ

少し早い夏の夕暮れ

少し早い夏の夕暮れ に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日も朝から夏を思わせるような良い天気。窓から差し込む

日差しが暑く感じるくらい輝いている。一通り朝の家事を終え

ベランダを掃除してから、手摺りに布団を並べて行く。今夜も

日の光の匂いのする布団で眠れば、きっと良い夢が見れるはず。

p1160828.jpg


お昼休みに日光浴をしようと、室見川まで散歩に行くことにする。

日差しは相変わらず強いけど、風がカラッとして気持ちが良い。

運動公園近くの飯盛山が綺麗に見えるベンチに腰掛けて、シャツ

を脱ぎ30分ほど日の光を浴びることにする。

p1160847.jpg


昨日海に行って焼いたおかげで、ずいぶんと日焼けの後が目だた

無くなってきているが、ほとんど見えなくなるまでには後数回、

海に行く必要があるようだ。それにしても、日の光を浴びながら

座っていると、鳥の声や川の流れる音が良く聞こえる。そして、

吹いてくる風からは、夏の匂いがする。

p1160855.jpg


夕方学校から帰った娘におやつをあげて、塾に送り出した後、この

ところ定例行事になってしまった夕方のポタリングに出かけること

にする。今日はいつもよりも早い時間に出れそうなので、芥屋の方

まで走ってみることにする。西九州道の下を波多江まで走り、産の宮

をぬけて可也山を目指して走り続けると、夕暮れの風景が優しく手招

きをしているようにさえ見えてくる。

p1160860.jpg


夫婦橋を右折し、初の交差点を左折して、県道506号を船越の方へと

向かう。さっきまで正面に見えていた可也山が左手に見え始め、

その山肌が夕日を浴びて輝き始める時間。向かい風の中からは、田圃

の匂いがして、どこから子供達の笑い声が聞こえてくるような風景の

中を、立ち止まり、立ち止まり進んで行く。

p1160874.jpg


松原の交差点から右折して、県道54号線を芥屋に向けて走る。岐志の

手前で引津湾を眺めると、立石山の方に夕日が落ちて行こうとしていた。

小さな港の中に今日一日の輝きが集まるかのように、輝いている水面から

は、明日の希望が生まれてくるのかもしれない。

p1160878.jpg


芥屋に着くと穏やかな海が出迎えてくれた。防波堤の上をのんびりと走り

ながら振り返ると、影絵のような芥屋大門の姿が見送ってくれる。こんなに

穏やかな海だと、風が海原を走って行くのがよく分かる。夕暮れの海原で

静かに始まった風の舞踏会の観客は、私一人きりだ。

p1160892.jpg


芥屋から二見浦を目指しながら、道端に咲いている花たちに早い夏の訪れ

を感じる時間、ああ、なんて1日は長いのだろう・・・。そんな思いが

私を包み始めている。

p1160893.jpg


夕暮れて行く玄界灘。空には今日も雲が多いが、明日も晴れた1日が

待ってそうな気がする夕暮れ。今日もまたこんな美しい風景に出会えた

ことに感謝しながら、再びペダルをこぎ始める。

p1160900.jpg


野北から今宿までは、二見浦で止まることもなく、追い風に押されて

一息に走ることが出来た。今津橋の上で瑞梅寺川を染めて行く夕日を

眺めながら少し休憩しまた再び、走り始める。

p1160902.jpg


帰り着いてマンションの階段から眺めると、夕日が都市高速の向こうに

落ちて行こうとしていた。大好きな夏の夕暮れ。そろそろ風鈴の音色が

恋しくなってくる季節だ。


走行距離 63.0㎞ (室見川6.5㎞+夕暮れポタ56.5㎞)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/639-5e4bf4fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。