気持ちのいい汗

気持ちのいい汗 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先週、仕事が全然手に付かない状態だったので、今週はそのツケが

どっと回ってきて、朝から大忙しの時間が過ぎてゆく。こんな日は

仕事が進まない割には、時間だけが過ぎてゆき、あっという間に

夕方近くになってしまう。娘が学校から帰る前に、打合せ用の図面が

仕上がったのでそれを送り、しばらくして帰ってきた娘をもう一度、

塾に送り出した後、少し気持ちのいい汗をかきたくなり、自転車で

走ることにする。

p1170154.jpg

室見川沿いを走り始めると、風が気持ちいい。向かい風に押されて

スピードは全然上がらないが、今日はそれでも気分よく走ることが

出来る。夕暮れて行く飯盛山を眺めながら、その手前で夢のように

揺れている合歓の花。

その花の前でしばらく立ち止まり、淡いピンクの花とその向こうに

どっしりと腰を下ろした飯盛山を眺める。さて、今日はここからどこへ

行こう。仕事が待っているので、あまり遠くまでは行けないので、

とりあえず、日向峠まで登ってみようと思い、また走り始める。

p1170157.jpg


峠道を軽いギアでペダルをクルクルと回すと、昨日今日と身体に

たまったモヤモヤしたものが、掃き出されてゆくような気がする。

坂道を半ばまで登る頃には、汗びっしょりなってしまうが、今日は

もっと汗をかきたい。そのまま、いつもよりも速いペースで峠まで

の上りを一気に登って行く。

p1170159.jpg


峠の手前で夕暮れの日向峠の風景を写真に納めて水を飲むと、また

汗がどっと噴き出てくる。その汗を吹き飛ばすように、今度は下り

坂を勢いよく下って行く。今日はその下り坂があまりに気持ちが良

かったので、可也山へ沈んで行く夕日や、夕映えに輝いている水田

などをチラチラ眺めただけで、一気に駈け抜けてしまった。

末永の交差点から周船寺へ向かっても、今日は速いペースで駈け抜ける

ことにする。娘が後ろに付いていれば、このくらいのペースまでは

一緒に走れるかなと、思いながら緩やかな下り勾配の道を走って行く。

p1170162.jpg


飯氏の交差点から202号バイパスに折れ、帰り道を急ぐことにする。

今宿の手前当たりで、脚が無くなるかなと思ったのだけど、今日は

高崎の上りまで、なんとか良いペースで走り通すことが出来た。

坂道の上で、娘に電話をするとちょうど今帰ったらしく、後10分ほど

で帰ることを告げ、坂道を下り始める。今日は短い間だったけど、

気持ち良く汗をかくことが出来た。これで、今夜の仕事もはかどることだろう。


走行距離 25.3㎞


コメントを読む




スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/631-33d592f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。