梅雨が明けたら

梅雨が明けたら に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

梅雨の合間の晴れた朝。まるで朝日に急かされるように、梅雨の雨で

湿っぽくなた布団を干し、シーツを洗い、ベランダに並べて行く。

台風が近づいているので、いつ天気が崩れるか分からない空模様では、

布団を干したまま、うかうか散歩にも出かけられそうもない。久しぶり

に拡がった青空を眺めながら、もうすぐそこまで来ている夏を誘うよう

に響いてくる風鈴の音に、耳を澄ませてみる。

p1170316.jpg

洗濯物と布団が乾く間、仕事を進める気にもならず、地図を広げながら、

今度はどこを走ろうかと、まだ見ぬツーリング思いを馳せながら、道を

なぞって行く時間。等高線の間を縫って行く山あいの道からは、夏草の

香りや蝉の声や入道雲が顔を覗かせてくる。

p1170322.jpg


梅雨が上がれば、久留米から耳納山を通り、星野村へ行ってみようと思う。

1日山の中を彷徨うツーリングになりそうだけど、阿蘇、久住を走る前に

一度は行ってみたかったところなので、今から楽しみにしている。

img20060709.jpg


グラフを見るながらコースをたどると、久留米から鷹取山まで登り、

そこから星野村へ降り、また山道を登り下りしながら矢部村へ向かい、

日向神ダムを通り黒木を目指す。黒木からは一度通った”かんかけ峠”

まで上り、ここから田主丸へと降り、筑後川自転車道を通って久留米へ

と戻ってくる。

img20060709_1.jpg


走行距離130㎞、累積標高4,180mの山岳コースは、きっと夏山を満喫出来る

ツーリングとなるだろう。このコースに思いを馳せながら、この梅雨が終わる

のを待つことにしよう。娘と過ごす12回目の夏。この夏も愛車と共に過ぎて

ゆきそうだ。


コメントを読む





スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/622-fd0c6f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。