ツーリングに向けて

ツーリングに向けて に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

学校から帰って友達と遊びに行っていた娘が、いつも

よりも早く帰ってきたので、週末のツーリングの足慣らし

にと、二人で日向峠を越えてみることにする。用意を済ま

せて、娘に先に走るように行って走り出すと、日頃は

全然、自転車に乗らない癖に、前に走ったときよりも

スピードが上がっている。試しに、室見川沿いの道で

先に出て、35㎞/hほどで走ってみるが、ペタンと後ろに

張り付いたまま、引き離されることもなく着いてくる。


まだ長い間、そんな速度で走ることは出来ないのだろうが、

放っておいても、速く走れるようになる子供の成長力に

驚きながらも、自分の歳をつくづく感じてしまう。やれやれ

もっとがんばらないと、すぐに置いてゆかれそうだ。

p1170335.jpg


日向峠の坂道を登りながら、娘なりに色々と工夫しながら

走っているのがよく分かる。平地や下りだとうまくコント

ロール出来るのだけど、体重が軽る過ぎる娘にとっては、

上り坂をどう早く走れるかが、悩みの種のようだ。でも、

後2年もすれば、体重も増えて筋力も付くので、これは

時間が解決してくれるはず。でもその時には、きっと娘の後ろ

姿を追いながら、走っていることになるのだろうなぁ・・。

p1170333.jpg


日向峠で水補給をして、先日の雨で砂利がまかれているように

なった路側帯に用心しながら、坂道を下り始めると、さっきまで

の蒸し暑さが嘘のように、涼しい夕暮れの風が身体を包んでくれる。

車をやり過ごすために一旦歩道に逃げたついでに、立ち止まって

夕暮れて行く糸島の風景を眺めていると、娘はセミが居ないかと

桜の木を探していたようだけど、まだ、少し時期が早かったようだ。

p1170337.jpg


末永から飯氏までの緩い坂道は、私が先になり引っ張ってゆくが、

40㎞/hくらいで走っても、5分くらいは着いてこれるようになって

いる。これくらい走れるようになると、今度のツーリングは何の心配

も要らないなと思いながら、途中からそれぞれのペースで別れて走る

ことにする。

p1170341.jpg


飯氏から202号バイパスに折れて、車道を走りながら家路をたどる。

今宿から高崎までの坂道を全力で走るように言って、娘の後ろを

追いかけるけど、走り出しはほんとに速い。そのままのペースで

あがれるかなと思ったけど、やはり途中でバテたようで、追い抜い

て坂の頂上で待っていると、汗びっしょになって坂道を登ってくる。

p1170342.jpg


水補給をして一息つくと、ここから自宅までの道は、ペースダウンして

走ることにして、のんびりと坂道を下り始める。最近は自転車レース

などにも興味が出てきたようで、ツールドフランスをビデオにとって

見ている娘は、これからどんな風に自転車と関わってゆくのだろう?

風を切って走って行く小さな背中を眺めながら、その肩に大きな未来

がちょこんと腰掛けている姿が見え隠れするような時間。やがて、

それぞれの道を目指して歩き始めるのだろうが、その分岐路が日に日に

近づいてきているようだ。

p1170345.jpg


走行距離 25.9㎞ 平均速度21㎞/h



コメントを読む




スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/621-afde9926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。