FC2ブログ

耳納山-星野-矢部-黒木ツーリング-1

耳納山-星野-矢部-黒木ツーリング-1 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨夜、お仕事のお付き合いで久しぶりに遅くまで飲んでいたの

だけど、3時には娘がしっかりと起こしてくれる。昨日の内に

作っておいたおにぎりとインスタントのみそ汁で簡単に食事を

済ませ、自転車を車に積み込むとまだまだ、暗い朝の闇の中を

久留米へと車を走らせる。多分、2時間くらいしか寝てないが

走り始めたら目も覚めるだろう。うっすらと開け始めた耳納山の

山並みを眺め、今日はあの上を走るのだと改めて思いながら、

筑後川の河川敷駐車場へと降りて行く。

p1170426.jpg


車から降りて愛車を組み立てて、駐車場を走りながら点検するが、

朝からすごく蒸し暑い。まるで、ぬるま湯の中を走っているようだ。

やれやれ、朝の冷たい澄んだ空気中で昨夜の酒を抜こうかと思って

いたのだけど、すっかり当てが外れてしまった。点検を終えてまずは

高良山を目指して走り始めることにする。参道の坂道を登り始めると

ウォーキングをしている数名の人とすれ違う。すれ違うたびに挨拶を

交わしながら、緩やかな勾配の坂道を登って行く。

p1170433.jpg


高良大社を過ぎて筑後平野が見渡せる広場につく頃には、もう日が

登り始めて、その光が雲間を通して、下に拡がる平野に降り注いでいる。

この高さまで来ると、風も少しヒンヤリして寝ぼけた頭を少しだけスッキリ

させてくれる。娘も筑後川を見下ろす風景が気に入ったようで、しばらく

そこで休憩した後、耳納山を目指して走り出すことにする。

p1170438.jpg


耳納山へと続く坂道は、ずっと登り続くわけでは無く、上りがあれば次に

緩やかな道、もしくは下りがあり、それを過ぎるとまた登って行くという

脚に優しい道だ。時折急坂が何カ所かあるが、足を止めるほどの勾配でもなく

雑木林が開けたところで、右手に八女まで拡がる山並みと、左手には筑後平野

の風景を交互に眺めながらのんびりと走り続ける。

p1170465.jpg


p1170468.jpg


それにしても、この道はトンボが多い。まるでもう夏の終わりのような群れた

トンボの群れに囲まれるように走って行くと、急に眺望が開けたところに出る。

この高さから見る筑後平野は、筑後川が大きな曲線を描いて、平野を横切って

行くのがよく分かる。春先にはみんなであそこを走ったわけだけど、その面影が

まだ残っていそうな気さえしてくる。

p1170458.jpg


耳納山、発心山と越えて行き、かんかけ峠でひと休みすることにする。ここは

帰りにもう一度通ることになるのだけど、ここから見える眺望の良さは、そのまま

帰り道が険しいことを示している。そのことは娘には告げず、展望台から見える

八女黒木方面の美しい緑の山並みに目を奪われながら、もうしばらく坂道を登る

ことにする。

p1170482.jpg


p1170485.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/618-b1507694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。