メンテナンス-ハブ編-1

メンテナンス-ハブ編-1 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

お昼過ぎに仕事の目処が付いたので、どこかで

かけようかとも思ったが、天気がはっきりしない

ので、部屋の中で自転車のメンテをすることにする。

今日のメンテは、ハブのグリスアップ。まずは前輪

をフォークからから外して、ハブを分解してゆく。

まずはクイックハブを外します。SIRRUSにはハブ部分

にゴムカバーが付いてますのでそれも外します。

外したタイヤの取付方向が分からなくなるといけないので、

クイックハブのレリーズレバー側か反対側のタイヤに

取付方法を示す矢印、もしくはステッカーなどがあると

思いますので、方向が分からなくならないように、目印

確認しておきます。

P1080899.jpg



ハブのグリスアップに使う工具は、

・ハブスパナ(玉押しに使う薄いスパナです)

・スパナ(17mm)締め付けナット用

・ピンセット

・パーツクリーナー

・グリス

・ペーパータオル、ウェス

グリスを扱うと手がべとべとになりますので、

お手ふき用のタオルがあれば便利です。

P1080900.jpg


では分解を続けます。ゴムを外すと締め付けナットと玉押しが

見えてくるので、それぞれにスパナをかけてナットをゆるめます。

P1080901.jpg


ナットを外すと玉押しが見えてきますので、締め付けが硬いようで

したら、これもスパナを使って外します。

P1080902.jpg


玉押しを外し、ハブ軸を抜き取るとベアリングが見えてきますので、

左右それぞれを取り出します。

P1080903.jpg


分解した部品を並べてみると、こんな感じです。ベアリングが

片方10個ずつ入ってます。もう片側の玉押しとナットは外さない

のでそのままにしておきます。外した部品をよく見ると、グリスが

減ってベアリングも黒く汚れています。ペーパータオル等で古いグリ

スをふき取って行きますが、ベアリングはパーツクリーナーを使った

方がきれいに掃除出来ます。パーツクリーナーを使うときはペーパー

タオルよりも、ウェスの方が破れないのでうまく作業が出来ます。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/615-7599cd16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。