高塚愛宕地蔵へ

高塚愛宕地蔵へ に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

天気が良ければ、熊鹿(ゆうか)ファミリーロードでも

走ろうかと思っていたのだけど、天気がパッとしないので

午後から母を連れて、天ヶ瀬の高塚愛宕地蔵まで車で行く

ことにする。明日のツーリングを下見を兼ねて、兵戸峠を

越えて、下釜ダムから日田に抜けて高塚地蔵へと向かう。

210号線から高塚地蔵までは、さほど距離がないと記憶し

ていたが、思っていたよりも入り込んだ所にあった。

P1090044.jpg



小雨がぱらついていたので、娘にポンチョを着せて、参道を

本堂へと向かう。本堂にはいると噂通り、大勢の参拝の人で

賑わっていた。本堂にお参りを済ませ、裏手に回ると崖一面に

無数の地蔵様が祭られてる。その崖をくりぬいた回廊にもまた、

祈願のために彫られた、たくさんの地蔵様と、お参りの人々を

守るかのように、閻魔大王の像が祭られている。

P1090050.jpg


祭られた地蔵様の一つ一つに丁寧に手を合わせ、家族の幸せと

母の長寿を願う。優しい顔をした地蔵様もあれば、遠くを見つめて

いるような地蔵様もある。どの地蔵様が私らの願いを聞き届けて

下さるのかは、分からないが、これだけの地蔵様がいらっしゃれば、

きっと、どなたかの耳に届くはずと思えてしまう。

P1090052.jpg


P1090051.jpg


参道の店で、小さな地蔵様の置物を買って今日の記念にする。

その地蔵様の入った小さな箱を、うれしそうに運ぶ娘の姿と、

いつもよりも、安心したような母の笑顔に、何となくほっと

してしまう。

P1090055.jpg


帰りは、下釜ダムから鯛生金山を通り、穴川峠経由で帰るが、

地図上で考えていたよりも上り坂の距離が長く道も悪い。

ここをツーリングの後半に走るのは無理があるようにも思えるし、

逆回りで最初に穴川峠までの、山道を登るのも辛そうだ。試走を

終えて、逆に悩んでしまうなんてことは今まで無かったことだけど、

さてどうしたものか・・・・。地図を見ながら思案を重ね、不安な

夜が更けてゆく。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/608-a9374d7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。