穴川・杖立・満願寺ツーリング-4

穴川・杖立・満願寺ツーリング-4 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

国道212から県道40号線に入り、なだらかな坂道を登りしばらく

走ると、満願寺の静かな村が見えてくる。村に入ると昔から

変わってないだろう家並みが続き、村の中央を流れる川沿いに

は、町営の温泉もある。満願寺はその入り口に位置し、長い年月を

経たどっしりとした山門が、参拝者を出迎えてくれる。本堂で

お参りを済ませた後、住職のご挨拶をしようと棟続きの自宅に

寄ってみるが、出てきてくれた住職の奥さんが娘の姿を見て

自転車で来たことにびっくりしていた。生憎と住職は外出されて

いたようだが、玄関先でお茶を戴き、今日のツーリングの話しに

花を咲かせた後、満願寺を後にする。

P1090157.jpg

満願寺を出たのがもう午後3時前だったので、帰り道は少し急ぐ

事にする。満願寺から宮の原温泉へ抜け、再び小国を通り、

ダム湖畔へむかう。途中の道には鶏頭やマリーゴールドの花が

路側帯に植えられていて、傾いて行く秋の日差しの中で、

その花たちの色を、より一層きれいに染め上げていた。

P1090170.jpg


ダム湖畔から室原橋、川畑橋を渡り、川原川を遡り上津江

へとむかう。午後4時を回ると、辺りはすっかり夕暮れの

色に染まってしまい、これから峠越えをするものには、

心細さを感じさせてしまう。峠を越える前に、道の駅

上津江で最後の休憩をとる。

P1090172.jpg


次第に暗くなって行く谷間の坂道を、夕暮れに追われるように

登って行く。今日は娘も速度を落とすことなく、しっかりした

足取りで坂道を登って行く。夕暮れて寂しいはずの風景が、

娘と並んで走っていると、なんだか暖かく幸せな風景に

見えてくるから不思議だ。

HYOUDO.jpg


兵度峠を登り切り、県境のトンネルとくぐると、ちょうど今日の

太陽が山に沈んで行くところだった。二人で消えて行く夕日を

眺めながら、”今日一日、よく走ったなぁ”と顔を見合わせると、

夕暮れの中で、娘のおくれ毛が黄金の様に輝いていた。

P1090184.jpg


・・・・・ エピローグ ・・・・・

菊池の手前ですっかり暮れてしまい、ライト走行となる。キラキラ

輝く夜の町明かりは、まるで喝采のように私達親子を出迎えてくれた。



走行距離 128.7㎞

走行時間 8時間1分

7:00菊池発→ 8:00竜門ダム→ 9:45穴川峠→ 10:10鯛生金山→

11:00川畑橋→ 11:20下釜ダム→ 11:40松原ダム 12:00杖立温泉→

13:20小国→ 13:50満願寺~14:50満願寺発→ 15:30小国→ 16:10川畑橋→

16:30道の駅上津江→ 兵戸峠17:35→ 菊池着18:10


コメントを読む



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/604-da24b8b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。