FC2ブログ

曲淵ダム~飯場峠練習コース

曲淵ダム~飯場峠練習コース に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

午前中に何とか仕事の目処をつけて、昼食後、昨日作った

曲淵ダム~日向峠の練習コースを走ることにする。娘も

一緒なので、2時間半くらい掛かるかなと思いつつ家を出る。

娘には2時間くらいしか走らないので、なるべく速いペース

で走るように言い、その後ろから付いてゆくことにする。

家を出て内野交差点までは、緩い追い風に押されて、良い

ペースで走ることが出来た。内野から曲淵ダムまでの登りは

最初から一番軽いギアに入れて、力よりも回転数でスピードを

保つようしながら、坂道を登る事にする。娘のスピードが

落ちてくると後ろから声を掛け、時速10㎞前後を保ちながら

曲淵ダムまで登り切る。

P1090318.jpg


曲淵ダムで水補給の小休止をした後、飯場峠を目指す。今日は

この秋一番冷え込んだだけあって、日影にはいると涼しいと言う

よりも寒いと感じてしまう。娘にもなるべく早く走るように、

いってダムサイトを早々に離れる。曲淵小入口の交差点から、

峠までは少し勾配のきつい坂道が続くが、ここも軽いギヤで

回転数を意識して走るらせる。娘のスピードが段々落ちてくるので

何度か坂道を先に登っては折り返してを繰り返し、自分なりの

トレーニングをすることにする。

P1090320.jpg


飯場峠でもう一度水補給をして坂道を下ることにする。ここも

日影の下り坂なので、身体に当たる風が冷たい。河原の集落が

見えてくるとまた日差しの中を走れるので、なるべく速いペースで

下ることにする。河原から末堂交差点までは、暖かい日差しの中、

向かい風の中の下り坂を気持ちよくペダルを漕ぐことが出来た。

遠くには可也山、前原、周船寺の街が青空の下に輝いていた。

P1090327.jpg


末堂の交差点から再び登りが始まり、その勾配が段々きつくなり

日向峠へと続くことになる。末堂から日向峠までの高低差は、

さほど無いので、下りで汗が引いた体を温めるように、ペースを

上げながら坂道を登ることにする。ここでも、先に坂道を登っては

引き返してきて、娘のペースを確かめたりしながら、坂道を登り

続ける。日向峠まで登り切ったところで時計を見ると、家を出てから

ちょうど2時間が経っていた。

P1090332.jpg


日向峠から家まではほとんど下りなので、今日の練習は終わったよう

なもの。思ったよりも速く走ってくれた娘に感心しながら、峠からの

坂道を下る。ここから見える風景も、透き通った秋の空気のせいか、

いつもよりも遠くまで、見渡せるような気がする。先に矢倉橋まで

走って娘を待っていると、このくらいの距離は平気だよと言わんば

かりの笑顔で走ってくる。その笑顔に今度のツーリングは、きっと

大丈夫と確信めいたものを感じることが出来た。

P1090336.jpg


室見川沿いを走り、運動公園を抜けて我が家へと向かう。二時間

ちょっとの短い練習だったけど、このコースを週2回くらい走れば

来春には200㎞ツーリングも夢ではないような気がする。この秋から

冬にかけてしっかり足を鍛えて、ロングツーリングに備えることに

しよう。そしてこの秋、まずは牧ノ戸峠を越えよう。

走行距離 35㎞

走行時間 2時間20分


コメントを読む



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/590-3f1fe840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。