やまなみハイウェイツーリング-3

やまなみハイウェイツーリング-3 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

牧ノ戸峠へ続く坂道を登り始めると、色とりどりの紅葉が出迎えてくれる。

日差しが変わる毎に、表情を変えるくじゅうの山肌には、秋の芸術家が光の

絵の具で様々な秋を描いて行く。そのきらびやかな色遣いに見とれながら、

立ち止まり立ち止まり、ゆっくりと坂道を登って行く。

11.jpg

急な曲がりを一つ曲がる毎に、新しい景色が生まれて行くような道。

紅葉が上から降り注いでくるような、木漏れ日のトンネルも有れば、

人知れず山陰にひっそりと息づいているような、燃えるような紅葉もある。

それらが一つの風景を織りなしながら、また新しい秋を織りなして行く。

12.jpg


牧ノ戸峠が近づくと、くじゅうの山々も背が届くくらいに近づいてくる。

紅葉もいよいよ、その色を鮮やかにして私達親子を祝福しているようだ。

車から声を掛けてもらったり、カメラマンの被写体になりながら、いつも

とはちょっと違った雰囲気で坂道を登り続ける。さて、あのカメラマンが

撮った写真はどんな風に撮れていたのだろう・・?

13.jpg


瀬の本から1時間足らずで、牧ノ戸峠に到着する。歩道を渡り峠の茶屋で

鶏の串焼きを買い、ビールとジュースで乾杯をする。鮮やかな紅葉と、

澄んだ空気の中で飲む、今日のビールは最高の味がする。ずっと思い描いて

、昨日も走れなかったこの峠を越えた喜びは大きい。今日ここまで導いて

下さった神様に感謝。この素晴らしい景色と、出会った人達にもにも心から

ありがとう。

14.jpg


15.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/575-a455e9dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。