秋を送る花

秋を送る花 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

銀行に行く用事があったので、少し足を延ばし室見川の河川敷を

散歩することにする。雲がまばらな空からは、明るい日差しが

差してはいるが、肌に感じる風は冷たさを感じるくらいになっている。

これから、どんどん冬に近づいてゆくんだろうなと思いつつ、河川敷

への坂道を降りる。昼下がりの河川敷公園は人影もまばらで、散歩の

途中でひなたぼっこをする老人や、犬の散歩をする人とたまに出会う

くらい。まずは上流へ行こうと思い、追い風の中をペダルを漕ぎ出す。

P1090878.jpg

すっかり穂の立ってしまったススキや、くすんだ色になってしまった

セイタカアワダチソウ、そして季節に取り残されてしまった夏の花たち。

秋の日差しが川面にキラキラと輝いて、それらを全て包み込んでいる。

もう少し上流へ登り堰の所に来ると、穏やかな水面の向こうに飯盛山が

どっしりと腰を下ろして、久しぶりにここに来た私を出迎えてくれる。

晴れた河川敷を走りながら、心は段々このまぶしい風景に溶け込んで

行こうとしている。

P1090883.jpg


松風橋から戻ろうかと思ったのだけど、少し遠回りをして運動公園を

ひとまわりして帰ることにする。公園内にはいると、銀杏や桜が

すっかり色づいて、過ぎて行く秋とやがて訪れるだろう冬を感じさせ

てくれる。

P1090891.jpg


毎年この時期なると、花を咲かせる桜。今年もまわりの紅葉と外れて

小さな花を咲かせていた。”あだ花””狂い咲き”と小さな頃、そう

呼んだものだが、今思えばそんな呼び名はこの花には似合わない。

きっと彼岸花に迎えられた秋を、そっと送ろうとしているのだろう。

遠い春から送られた送り火のような花を、今更なんと呼ぼう・・・。

P1090893.jpg



PS
今日で走行距離が、5,000キロを超えました。

ここまで約1年。結構走ったつもりだったけど、思ったよりも時間が掛かりました。

Boy、Addieお疲れ様と言うことで、今夜は軽く祝杯でも挙げようかなと思います。

P1090873.jpg



コメントを読む



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/564-02860f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。