国東半島ツーリング-1

国東半島ツーリング-1 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

夜明前の高速道を東へと走る。行く手には金星がまだまぶしく輝いて

今日一日の晴天を教えてくれているようだ。薄墨を混ぜたような紫色の

空がだんだん明るくなって行く様子を、フロントガラス越しに、まるで

映画の長い1シーンの様に感じながら、今日一日の旅が始まろうとしている。


日出ICで高速を降り、日出町役場近くの観光客駐車場に車を止めて、キャリア

からBoyとAddieを降ろす。車から降りると思ったよりも冷え込んでなく、今日は

日中には気温も上がるだろうから、ニット帽を被る必要もなさそうだ。後輪をはめ、

駐車場を廻りながらブレーキ、変速機の点検を済ませ、日出町内の緩やかな坂道を

下り国道10号線に出ることにする。

P1100666.jpg

P1100669.jpg


国道に出ると今日最初の峠へと続く坂道が始まる。といっても標高150mくらいの

かわいい峠なので、勾配も大してきつくない。国道の温度計を見ると3℃差しているが

指先や耳が痛くなるほどの寒さは感じず、久しぶりのペダルの感触を楽しむように、

坂道を登ってゆく。坂道を登り切るとハーモニーランドの入口に到着する。遠くに見える

お城などを少しうらやましげに見つめてる娘を、急かせるように今度は長い坂道を下り

始める。

P1100675.jpg


始めて見た風景が懐かしいと感じることがあるが、今日のここの風景は、妙に心の琴線に

触れる。地図上では退屈な道だろうと鷹をくくっていたのだけど、嬉しい裏切りだ。

道沿いの古い山門を備えたお寺や、廃道となった道に掛かる石のアーチ橋、ところどころ

にポツンと祭ってある道祖神の石積み。御仏に縁の深い国東半島らしい風景が、心に染み

るのか、朝の寒さも忘れてその風景の佇まいに心を開いてゆく。

P1100681.jpg


途中から道は線路に沿って延びてゆく。数台の列車が通り過ぎるたびに、私の中の旅も

その深さを増して行く。風景に心が慣れてしまったのか、手先に寒さを感じ始めたので、

また、国道の温度計を見ると1℃に下がっている。どおりで寒いはずだと、笑いながら

娘を見ると、耳とほっぺを真っ赤にしている。温度計を指さすと”えーっ”と驚きながら

も笑っている口から吐く息が白い。よく見ると日影は、まだ真っ白に霜が降りていた。

佐世保まで走ったときもそうだったが、内陸部は海沿いよりも気温が低く、上がりにくい

ようだ。冬の季節、時間が過ぎても気温が下がることがあるので用心したい。

P1100691.jpg


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。