小さな家族達

小さな家族達 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝も天気のはっきりしない冷たい朝を迎える。昨日から

吹き続けた強い風のせいで、ベランダには葉っぱやら

花びらが散らばっているので、朝の掃除のついでに掃除機

をかけて、片付けることにする。ベランダに出ると風が冷たい。

遠くの空に雲間が見えるものの、そこから明るい日差しは

落ちてきそうにない。早々に掃除を終わらせて、あたかかい

部屋の中に戻ることにする。

P1100867.jpg


昨日今日と暗い空ばかり見ているようなので、せめて明るい

花を眺めようと、台所にセントポーリアを一鉢おいて、朝の

家事を進める。薄紫の花を見ているだけで、少しだけ水が

緩んだような気になってしまう。今日もまた小さな家族達に

元気をもらって、1日が始まってゆく。

P1100869.jpg


10時前になると、また雪が降り始め風も強くなってきた。

学校に行った娘達は、雪が降るたびに喜んでいるのだろうが、

そろそろ、暖かく明るい日差しが恋しくなってしまう。

仕事の手を休めて、コーヒーを入れて窓の外を眺めながら、

一口すすると、口の中まで冬の匂いが拡がってゆきそうな

空の色。風の音。そして背中を丸めたような街並みの風景。

でもそんな風景も、決して嫌いではない。今日のような

暗い空や、普段の何気なく眺めてしまうありふれた風景が

心の中に降り積もってゆき、それがやがて旅の土壌となるのか

もしれない。むしろ私の旅はそうやって、生まれて来なければ

いけないのかもしれない。

P1100883.jpg


居間に戻ると、また薄日が差している。わずかな光に手を伸ばす

ようにカランコエの黄色い花が咲いていた。

P1100884.jpg


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。