明け方の星、水仙の香り

明け方の星、水仙の香り に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

久しぶりに、きれいな朝日がみられそうな明け方。

ベランダに出てみると東南の空にはまだ、金星が輝いている。

早くから起きて宿題をしている娘に声をかけて、一緒に眺める

明るい星は、これからの娘の幸せを導いてくれるように高い

空で輝いている。そして今日一日の幸せも約束してくれる。

P1100887.jpg

久しぶりの明るい日差しに嬉しくなってしまい、朝から近所の

路地の散歩に出かける。まずはお気に入りの畑に行ってみると、

高菜がきれいな深緑色の葉っぱを拡げて、日差しが落ちて

来るのを待っているように、じっと佇んでいる。この寒さで、

しぼんでしまわないかと心配していた梅の花も、先日見たとき

よりもその数を増やしていて、朝の光の中で気持ちよさそうに

背伸びをしていた。白く輝いている花びらの廻りだけは、もう

春がやって来ているようだ。

P1100889.jpg



P1100895.jpg


先日買ってきた水仙が痛んできたのを思い出し、いつもの家まで

行って買ってくることにする。今日はお店が出ていればいいなと

思いながら、路地の中で一番最初に咲く彼岸桜の様子を見に行くと

もう蕾が大きく膨らんでいて、数日暖かい日が続けば咲き始めそうな

気配だ。去年は仕事に追われて、咲き始めも満開の時期も見逃したの

で、今年は最初に咲く一輪を見逃さないようにしよう。

P1100902.jpg


家の前にはありがたいことに、たくさんの水仙とミカンがおいてあった。

一束50円の水仙を6束、100円のミカンを一袋買って家路をたどることにする。

小脇に抱えた水仙からは、甘い香りが漂ってきてまるで貴婦人を連れて

歩いているような良い気分になる。ようこそ我が家へ。まずは粗茶でも・・

と思わず、襟を正したくなるような、美しい白い花。

P1100909.jpg


帰ってから水仙を三つに分けて、それぞれをご先祖様とお雛様、そして

仕事場に飾ることにする。そして買ってきたミカンもお供えすると、心が

清々しくなってくる。今日一日、この花の香りに包まれながら、我が家の

時間が過ぎてゆくことになる。水仙の花に思わず手を合わせてしまいたく

なるような、幸せな朝の始まりだった。


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。