春待ちの雨

春待ちの雨 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

小雨がしとしとと落ちてくる、少し肌寒い朝。

昨日咲き始めた桜の花が心配で、仕事前に様子を

見に行くと、今朝の冷たい雨の中でも、花はその

数を増やしていた。

P1110269.jpg
雨の中でうす紅色の花びらがしっとりと濡れて輝いて

まるで、昨日少女だった女の子が急に、大人になって

しまったように、雨の中の桜の花は、上品な色香さえ

漂わせている。

P1110275.jpg


雨の中では冬枯れたものでさえ、再びの命を吹き込まれて

蘇ってくる。その輝きは、かりそめであるがゆえに、儚く

美しい。

P1110279.jpg


この雨が上がると、また一歩春がその歩みを進める。

そしてこの雨が春の花たちを、揺り起こしてゆくのだろう。

どんよりとした雲の中に、まだ冬が居座ってはいるが、

路地の片隅から、春は静かに拡がっている。

P1110280.jpg


雨も上がったお昼休み、いつもの路地の出店には菜の花と

水仙がたくさんおいてあって、ちょうど500円分買うと

手に持ちきれないくらいの花の束になってしまった。

さっそく家に持ち帰り、家中の花瓶を出して飾り付けると

部屋中が、明るい春の色で満たされてしまうようだ。

P1110292.jpg


菜の花の黄色い花を見ていると、生まれたての幸せが

そこで産声を上げているような、気がしてくる。


コメントを読む


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。