春の海

春の海 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先週のんびり過ごしたおかげで、ずいぶんと体調が良くなって

来ている。今日まではのんびりと家ですごそうかと思っていた

のだけど、朝から拡がっている青空と暖かい風に誘われるように

娘を連れて、糸島半島を走ってみることにする。外に出て走り始める

と風が暖かく、ジャージの上着が邪魔に感じるくらいの気温がある。

今日はあまり膝に負担をかけないように走ろうかと、思っていたが

この気温ならば少しトルクをかけた走りにしてみようと、普段よりも

2つほど重いギアでペダルを漕ぐことにする。

P1110716.jpg

小戸、今宿、大原海岸までは追い風に押されて、少し鈍った足でも

30㎞/hくらいで走ることが出来た。2月中、ほとんど運動出来て無かっ

たし、腰の左側に鈍い痛みがあったが、20分ほど走ると痛みも和らぎ

忘れていた脹ら脛、太ももの筋肉の感覚が戻ってくる。その筋肉の動き

をたしかめるように、さらに重いギアでトルクをかけてゆく。


大原海岸でひと休みして、筋肉をほぐすようにストレッチをする。

重いギアを踏んだ、太ももと脹ら脛が鈍く痛みはするが、今日はそれが

気持ちが良い。15分ほど身体をほぐした後、再び走り始める。今日は

1時間毎に休憩し、身体をほぐしながら、身体を自転車にならすこと

にしよう。

P1110725.jpg


二見浦までも追い風に押されるが、普段よりも重いギアが、足に響いて

くる。膝の上の内側の筋肉に疲れを感じると、ギアを軽くして負担を減らし、

また疲れが引くと、ギアを落としながら、ペダルの感覚を取り戻してゆく。

そんな自転車との会話の合間に見る海は、すっかり淡い青色に変わってし

まっていて、すっかり春の佇まいになってしまっている。


二見浦で休憩した後、行った引き返そうかと思ったのだけど、出がけに

お弁当も作ってきたことだし、芥屋まで足を延ばすことにする。二見浦

から先は、風向きが変わって向かい風の中を走ることになるが、これも

ペダルの感覚を思い出すのには、良いコンディションになる。風の壁に

むかって漕ぎ出すと、眠っていた筋肉が目を覚ますように、動き始める。

これから、春に向かって本格的にトレーニングを再開する時期が来たようだ。

P1110733.jpg


芥屋の大門に続く防波堤に昇るとウグイスの声が、出迎えてくれる。

潮を引いた海岸線を眺めながら、のんびりと走り始めると、今日は

幾艘かの船が沖に出ていてなにやら漁を行っているようだ。そして

その船の浮かんでいる海原を、春の風が駆け抜けてゆく。ふだん自転車

に乗っていると恨めしくも感じてしまう強い風も、こうやって春を運ぶ姿

を見ていると、その中を走ることが、そしてその風を感じることがこの上ない

喜びに感じてしまう。

P1110741.jpg


芥屋の大門が間近に見える防波堤に腰掛けて、娘と二人で持ってきたお弁当を

食べるこの時間は、なんど味わっても、飽きることはない。売店で買ってきた

ビールを飲みながら、おにぎりを頬張り、となりで、笑っている娘とたわいのない

会話をする時間。春は今、私達の上に降りてきているのだろう。穏やかに拡がる

春の海を眺めながら、今年もまた走るだろうたくさんの道が、ここから始まって

行くような気がしてくる。

P1110739.jpg


走行距離 68㎞


コメントを読む


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。