午後の峠

午後の峠 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

午前中の練習を終えて、娘と一緒に昼食をとった後、外を見ると山の方は

どんよりと曇ってはいるものの、雨は降りそうにもない。朝から吹いている

北風が少し強くなっている気がするが、坂道を登る分には気にならないだろ

うと、糸島峠、日向峠を巡るコースを走ることにする。

P1120094.jpg

小田部大橋の上でサイクルコンピューターをセットして、まずは内野を

目指して走り始める。この区間は追い風になるので、足が疲れることも無く

川沿いの道を気持ちよく走れる。午前中走ったせいもあって、脚が良く

回ってくれる。いつもこんな走りが出来ればいいなと思いながら、内野の

交差点で時間を見ると、20分を切っている。小田部からここまでは約9㎞

なので、追い風に乗ると随分スピードが出るんだなぁと実感しつつ、これ

から続く、坂道を登り始める。

P1120095.jpg


内野から曲淵まで重めのギアで、途中ダンシングをしながら登る。時間は、

回転数を上げる軽いギアを使う走りと、そう変わりはしないが、いつもとは

別の筋肉が疲れているのがよく分かる。ダムサイトを過ぎたバス停で、一旦

停まり、軽くストレッチングをして糸島峠を目指すことにする。

P1120097.jpg


糸島峠は勾配があるものの、距離が短いので一気に走ることにする。ギヤは

落としたまま前半の急勾配を登り切ると、後はおもしろいくらい軽く、坂を

登ることが出来る。峠に着くと、以前から顔なじみなっている、ワンちゃんが

嬉しそうに出迎えてくれた。

P1120100.jpg


糸島峠から末永までは、強い向かい風が吹いていて、走っていると涙が出る

くらい顔に当たる風が痛い。先日ののどかな風景とは、うって変わった今日

の天気も春の顔の一つなのだろう。末永から続く日向峠までの坂道を登りな

がら、すでに重たくなり始めている太ももに言い聞かせるように、力を込めて行く。

山肌を見ると、すでに桜も咲き始めて、峠の遅い春もいよいよ始まったようだ。

峠の石碑の前で水を飲み、また再び坂道を下り始めると、今日の練習も終わりが近い。

矢倉橋から自宅まで強烈な向かい風が待っていることなど、すっかり忘れて

下り坂を楽しんで走っている私がいた。

P1120107.jpg


走行距離 30㎞  走行時間 1時間30分  平均速度 20㎞/h 

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。