背振山ツーリング-1

背振山ツーリング-1 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

休日の朝、いつもよりも遅めの朝食を済ませ、一通り家事仕事を

終えた後、あまりに天気が良いので、地図を広げて悩んだあげく、

今日は背振山に登ることにする。出発したのが9時半近かったので

あまり距離は走れそうもないなと思いつつ、まずは室見川を上流に

遡り、曲淵ダムまで走り、ダム湖畔でひと休みし後、三瀬峠を目指す。

休日とあって交通量が多いので、なるべく左端によってゆっくりと

坂道を登り続ける。ゆっくり走ることで時折聞こえてくるウグイスの声

に耳を傾けたり、山陰に咲いている花ウドなどに目を楽しませることが

出来るのは、上り坂楽しみの一つでもある。

P1050293.jpg


三ツ瀬トンネルまで登り、2度目の休憩をとる。ここからはトンネルを

通らず、旧道を走って峠を目指すことにする。旧道にはいると、新緑の

木々が覆い被さってくるように枝を伸ばしている。いつの間にか谷間を

流れていた川も、ほそい水の流れへと姿を変えている。曲がりくねった

坂道のコーナーを一つ一つかみしめるように走り続け、標高585mの三ツ瀬

峠へ到着する。ここで休憩をとり、これから続く下り坂に備えてブレーキ

の調整などをする。娘は持ってきたドーナッツを美味しそうに食べながら、

県境の標識をめずらしそうに眺めている。もう、坂道の疲れは忘れているようだ。

P1050295.jpg


峠の坂道を下り三瀬村を抜けて、北山CCの方へ向う。途中道路工事のため

少し渋滞していたので、国道を避けて村中を道を走ることにする。ここらも

田植えの準備が始まっているようで、あちらこちらから田圃を耕す、農機具の

音が聞こえてくる。そんな風景の中をゆっくりとペダルを漕ぎ進める。村道から

また国道にでて、並んで建っている小中学校の前を通り、県道46号線へはいる。

P1050300.jpg


県道にはいると国道の車の喧噪はなく、喜瀬川そって穏やかな山村の風景が

拡がっている。向かい風を受けて少し重たいペダルを漕ぎながら、見知らぬ

ここの風景にどこか懐かしさを感じてしまう。

P1050306.jpg


喜瀬川が見えなくなるあたりから、道は細くなり坂道の勾配もきつくなって行く。

小さな棚田や杉林を通り過ぎ、峠を越えると脊振村に入る。ここから背振山登山口

までは、緩やかな坂道を下ることになる。

P1050314.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/416-94632093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。