背振山ツーリング-3

背振山ツーリング-3 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

山頂を降り広場に戻り、元来た道を引き返そうかと思ったのだけど、午後2時半を

過ぎていたので、板谷峠を通って帰る道を選ぶことにする。地図で見ると舗装道路

と思っていたのだけど、林道に入ると砂利道と舗装が混合している道路で、砂利に

タイヤをとられながら、用心して板谷峠へ続く県道を目指すことにする。

P1050366.jpg

県道に出たところで小休止。それにしても28Cのタイヤだと砂利道は走るものでは

ないとつくづく思った。砂利が深いとコントロール出来ないし、車が通るたびに

舞い上がるホコリもすさまじい。娘にもうがいをするように言って、顔を洗った

後、気を取り直して板谷峠へ向かう。

P1050369.jpg


この県道(136号線)は、地図に書いてあるように”広狭混在”の道で、車が離合

出来ないような所もあれば、2車線の所もあり、路面も余り良いとは言えない。

景色も山影の道になるので、これといって目を楽しませくれる物がなくて

少し物足りないが、時折聞こえてくる野鳥の声などに耳を澄ませながら、峠への

坂道を登り続ける。

P1050371.jpg


板谷峠から早良までは曲がりくねった長い下り坂が続く。しっかりとブレーキを

掛けながら、あまりスピードを出さず用心して坂道を下る。それにしても、下り坂が

長いのでブレーキを掛けている手がしびれてくるし、汗が引いて風が冷たく感じて

しまう。次回からのツーリングには薄手の上着を持って来なければと思いつつ、

まだまだ続く坂道を走り続ける。

P1050374.jpg


途中でブレーキの点検をしたかったので、小休止をする。娘のブレーキも点検するが

特に問題は無いが、これから上り下りが続く道を走ることが多くなるので、シューの

交換も早めにしておこうと思う。

P1050377.jpg


早良に近づいてくると、坂道も緩やかになり風景も見慣れたものへと姿を変える。

県道56号線へ出たあたりで振り返ると、遠くに背振山の測候所が見える。

満足そうな娘の笑顔と、遠くの山頂を見比べながら、今日最後のシャッターを切る。

幸せな充実感に包まれながら、我が家までの道をたどることにする。


PS

家に帰り着いて、ホコリまみれのBoyとAddieを丁寧に洗車した後、シャワーを浴びる。

さっぱりした身体で、ビールなど飲みながら二人で今日撮った写真を眺める。三瀬峠が

思ったよりもきつかったこと、山村に掛かっていた小さな石橋が印象に残ったこと、

背振山でたくさんの登山客から声を掛けられたこと。そして長い長い下り坂などなど・・。

カメラでは捕らえらきれなかった思い出は、尽きることがない。

走行距離 71.9㎞

走行時間 5時間20分

自宅発9:20 ~ 背振山着13:50

背振山発14:30 ~ 自宅着16:00

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/414-8d5ff461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。