雷山林道ツーリング-2

雷山林道ツーリング-2 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

白糸の滝入り口までの坂道を下り、今度は長野峠を目指す。

時折木立の間から見える糸島の平野の風景や野鳥のさえずり、

もう平地では時期の過ぎてしまった野草の花々に目を移し

ながら、ゆっくりと坂道を上る。途中、牧場があったので

水分補給を兼ねて休憩する。娘はのんびりと佇んでいる牛を

興味深げに眺めていた。


P1060095.jpg

杉林の中の少し緩やかな坂道を走りながら、木漏れ日に照らされて

鮮やかに輝く、シダ類に目を奪われたり、林を伝って吹いてくる

風が運んでくる山の匂いに、心をときめかせたりしながら、県境の

長野峠を目指す。

P1060097.jpg


ここら少し下り雷山林道に入り、三瀬峠を目指すことにする。

雷山林道はネットで調べてもあまり情報がなかったので、すっかり

砂利道だと思いこんでいたが、いざ走り始めると舗装面も綺麗で、

勾配もさほどきつくなく、山の景色を楽しみながら走る事が出来た。

おまけにずっと上りだと思っていたこの道は、長野峠側から走ると、

およそ半分が下り坂だったので、なにか特をしたような気分になる。

ここでも、野鳥の声をたくさん聞くことが出来、久しぶりにカッコウ

の鳴き声も聞くことが出来た。

P1060102.jpg


古場岳山荘が開いていれば、そこで休憩しようと思っていたのだけど

今日はあいにくとお休みらしいので、写真を一枚撮っただけで先へ

進む事にする。ここから先も道は何度か、上りと下りを繰り返し

中には、佐賀に降りてしまうのではないかと錯覚しそうな長い急な

下り坂もあった。雷山林道の記念碑のところで休憩し、佐賀の方へ

目をやるが、今日はあいにくと視界が悪くぼんやりと霞んだ風景が

拡がっているだけだった。

P1060114.jpg


それにしてもこの雷山林道は、車も少ないし走りやすい。ただこれは

長野峠から走る場合であり、三瀬峠から来ると少し坂道を下っただけ

で、後は長い上り坂が続くので、峠越えの後の坂道のうんざりする

かもしれない。記念碑からはそんな急な坂道もなく、楽に三瀬峠まで

走ることが出来た。三瀬峠からは、いつもは登ってくる坂道を、今日

は逆にゆっくりと下る事が出来るので、娘も嬉しそうだ。坂道の途中

の”西印の森”でちょっと休憩するが、あまり手入れがされてない

ようだったので、奥までゆかず途中で引き返すことにする。

P1060121.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/377-5c6c693a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。