FC2ブログ

古湯~厳木ツーリング-3

古湯~厳木ツーリング-3 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

さっきの村で時間を費やしてしまったので、古湯温泉

に入る計画は取りやめにする。古湯温泉を抜け県道37

号線の三叉路にあるバス停で昼食にする。道路越しに社

の脇に咲いている紫陽花を眺めながらオニギリをほおばる。

先程の村で元気をもらったのか、娘の食欲もいつもより

旺盛である。30分程の休憩の後、厳木(きゅうらぎ)へ

向けて坂道を上ることにする。

P1060380.jpg

天河川にそって緩やかな坂道が、唐津市の市境まで続く道を

川音に包まれながら、のんびりと登ってゆく。照りつける

日差しは暑いものの、川から吹いてくる風が気持ちよく、

木陰を見つけては、立ち止まり水を飲み、谷間に流れる

川の風景に涼を感じながら、さらに坂道を上る。

P1060402.jpg


坂道を上るたびに、谷間が段々浅くなり、道路脇まで

川面が迫ってくる。あまりに綺麗なその流れに自転車を

止め、しばし、川遊びをすることにする。坂道で火照った

頭を川面に沈めると、山の精気が染みいってくるように

気持ちが良い。今度は靴を脱ぎ脚を浸し、そのまま石の

上に寝ころんで、しばらく目をつむってせせらぎの音に

身を任せる。せせらぎの音に混じって、風が梢を揺らす

音や遠くから聞こえてくるウグイスの鳴き声が、暑さと

疲れを吸い取ってくれる。今日はなんて、美しい風景に

出会える1日だろう。

P1060410.jpg


川沿いの風景から、山あいの水田へと風景が変わり

長い坂道を上りきると、唐津との市境に到着する。ここ

からは長い下り坂になり、しばらく走ると、深い峡谷へと

風景が様変わりしてゆく。

P1060416.jpg


発電所へと続く銀色の送水管や、急角度で山肌へと

延びてゆくたくさんの電線が、のどかな景色を区切り、

この先にあるダムを在処を教えてくれる。下田ダムを

過ぎ、谷間の視界が開けてくると厳木ダムが見えてくる。

P1060423.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/366-f10c348d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。