雷山ツーリング-3

雷山ツーリング-3 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

1時間ほど海で遊んだ後、福の浦を後にする。びしょ濡れになった服もこの気温だと、

返って気持ちが良いし、そのうち走っている間に乾いてしまいそうだ。芥屋を過ぎ

ゴルフ場の坂道を登り海岸の方へ下ると、ここも海水浴客でにぎわっているが、あちら

こちらに車が止まっているので、走りにくくてしょうがない。おまけに、廻りを見ずに

飛び出してくる子供もいるので、歩道も安心して走ることが出来ない。夏を楽しむのは

良いのだけど、マナーもう少しがどうにかならないものだろうか・・・・。

P1070003.jpg

海岸線の砂浜が無くなると車も居なくなり、気持ちよく暮れてゆく海を見ながら、

走ることが出来る。いつものように二見浦で休憩するが、ここも駐車場に入りきれない

くらい車が混雑している。普段ならばベンチに腰掛けて、ゆっくりと夕暮れの海を

眺めたり、潮風の中で、遠い記憶に思いをはせたりするのだけど、今日はとても

そんな気分になれる雰囲気ではない。水を飲み、軽くストレッチをした後、すぐに

走り出すことにする。

P1070006.jpg


帰りの道は、夕暮れの陽の中で鮮やかに色を増して行く、夏の花たちを眺めながら

ゆっくりと帰ることにする。名前を知らない青い花や黄色い花。どこの道端にも

ある青く茂った夏草。そのどれもこれもが、記憶の中に焼き付いて行く。

P1070010.jpg


P1060847.jpg


振り返ると、娘も夏の風景を楽しむように、廻りを眺めながら走ってくる。

10回目の夏は、娘に何を教えるのだろう。そして何を残すのだろう?

暮れかけた空の下、夏の夕暮れはまだまだ長い。

P1060976.jpg


走行距離 99.5㎞
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/342-a1fac165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。