菊池渓谷~鞍岳ツーリング-1

菊池渓谷~鞍岳ツーリング-1 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

午前中の用事を終え、少し早めの昼食を済ませ12時過ぎに実家を出る。

まず菊池神社まで登り、今日の無事を祈りここから始まる長い坂道に

挑むことにする。娘を先に走らせてゆっくりと登るが照りつける太陽が

暑い。たぶん気温も35℃を超えているのだろう、陽炎が揺らめいている

路面がそれを物語っている。目指す鞍岳はまだ遙かに遠く、青空の下に

入道雲を携えて、どっしりと腰を降ろしている。

P1070503.jpg

私が子供時代に暮らしていた立門が見えてくると、菊池川に沿った道に

になり、風も先程とは違って涼しさが混じってくる。もう廃校になって

しまった小学校の校庭を一周し、校門の前の橋の上から幼いときに遊んで

くれた懐かしい川を眺めるが、ダム工事のために無惨に変わってしまった

その姿は、ここに来るたびに私を悲しくさせる。今は道の駅が出来、公園が

整備され、水遊びを楽しむ人達で賑わってはいるが、あのころのような

清冽な水の流れはなく、魚の姿もまばらである。

P1070505.jpg


立門から菊池渓谷入り口の橋までは坂道の勾配も緩く走りやすい。橋を渡り

渓谷内の道にはいると、木立で太陽が遮られ、谷間から冷たい川風が吹き上

がって来るので、先程までの暑さを忘れてしまう程だ。少し急な坂道を登り

ながら、木々の間から見える渓谷の流れに目をやると、蒼く澄んだ透明な

水が木漏れ日に輝いている。昔と変わらないその水の色に、少し安心しなが

ら、渓谷の遊歩道の入り口を目指す。

P1070510.jpg


P1070511.jpg


遊歩道入り口の料金所にBoyとAddieを止め、遊歩道沿いに上流の広河原まで

歩くことにする。吊り橋を渡り森の中の遊歩道にはいると、川の水をまとい

木々の吐息を含んだ空気が、汗ばんだ身体を癒してくれる。幼い頃から

何度も来ているここの、空気を吸うと、ふるさとに帰ってきたのを実感出来る。

P1070512.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/322-5230d696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。