菊池渓谷~鞍岳ツーリング-2

菊池渓谷~鞍岳ツーリング-2 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

黎明の滝、紅葉ヶ瀬、竜ヶ淵、四十三万滝と歩き広河原に到着する。

靴を脱いでせせらぎに足を浸すと、2~3分ほどで足先が痛くなるほ

ど、水が冷たい。娘も恐る恐る水に入り、手を付けたり、顔を洗ったり

して、水の冷たさを楽しんでいるようだ。それにしても、今日は日曜日

とあって人が多い。もう少し森の香りやせせらぎの音などに浸りたかっ

たのだけど、とてもそんな雰囲気にはなりそうもないので、早々に広河

原を後にして料金所まで戻る事にする。

P1070527.jpg

遊歩道を出て、掛幕の滝に架かる橋を渡ると坂道は勾配を増して行く。

4キロほど続く急坂をゆっくりとペダルを漕ぎながら、高度が上がる

たびにミンミンゼミからヒグラシへ変わってゆくセミの声に耳を澄ます。

深葉を過ぎ紅葉谷への降り口の短い下り坂を過ぎ、少しずつ緩やか

になって行く坂道を上りきると、風景は森林から一変し、青い草の海

が拡がる草原へと姿を変え、風も牧草の匂いが混じった、高原特有

の凛とした面持ちを見せ始める。

P1070542.jpg


今朝車を止めた展望所で少し長い休憩をとり、阿蘇の方を眺めると

内牧方面に降り注ぐ夕立を見下ろすことが出来た。今朝の優しい風景

とは違って、カルデラの真ん中に黒い雨雲が陣取り、周囲にところど

ころ日が差し込んでいる不思議なこの風景には、娘もびっくりしたよ

うに見入っていた。幸いと風向きが私達の進む方向に吹いていないので、

夕立雲から追いかけられることは無いようだ。しばらく遠ざかってゆく

夕立の風景を眺めた後、鞍岳方面へ向かうことにする。

P1070557.jpg


菊池阿蘇スカイラインから左折し、県道339号(豊後街道)に入り、

しばらく走ると、兜岩展望所に着く。展望台に上がるとここの周囲の

草原にもユウスゲやらカワラナデシコが咲き乱れている。真っ黒な雨雲

の背景に傾き始めた陽の光の中で、黄色やピンク色の花の色は、その

あざやかさを増して、訪れる人の心をとらえて放さない。展望台を後に

して、数カ所、展望の開けた場所で写真を撮ったりしながら鞍岳へ

向かう脇道を目指す。

P1070561.jpg


脇道にはいると車の通りは無くなり、草原は牧場の牧草へと変わって

ゆく。生い茂った下草を避けるように、細い道の真ん中を走りながら、

時折その下草の中にオミナエシやワレモコウの花を見つけたりする。

鞍岳がの山頂が近くに見え始めると、道は林の中に飲み込まれ、この

コースの最後の急坂が待っている。雨雲に覆われて暗くなった森の中

をゆっくり登っていると、山鳥の声が間近で聞こえてくる。外の暑さ

からこの森に逃げ込んできた蝶々が、木の葉の上でじっと羽を休めている。

車で通り抜けただけでは、たぶん気づかないだろう静かな森の世界と時間

を、この速度ならば見落とすことはない。

P1070571.jpg


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/321-888fcf49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。