柳川ツーリング-1

柳川ツーリング-1 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

朝起きると天気予報通りの良い天気が拡がっている。

少し遅く顔を出すようになった朝日に手を合わせて、

今日一日の無事を祈った後、バックの中の装備品を

確かめる。山沿いは日中、天候が不安定になるらしい

ので、念のためポンチョを入れてゆくことにする。

娘を起こし朝食を取り、軽くストレッチをした後、7時

ちょうどに出発する。走り始めると秋の気配のするひん

やりとした朝の風が気持ちが良い。室見川沿いを上流へ

向かいまずは三瀬峠を目指す。


曲淵ダムを過ぎて野河内大橋の手前で水を補給して、さらに

続く坂道を登り続ける。夏の花が終わりところどころに

伸び始めているススキの穂や、少し気の早い花芽を延ばした

彼岸花など、今年最初の秋が私達を包んでくれる。三瀬トンネル

の手前でもう一度、水補給をし峠までを一気に登り切り時計を

見ると、前回よりも10分ちょっと早く登れている。夏の間に

娘の足も、少しずつたくましくなっているようだ。

P1080102a.jpg

坂道を下り三瀬村の緩いアップダウンの続く道を、いつもより

軽いペダリングで走り抜ける。黄色く熟れ掛かり頭を垂れ始めた

稲穂や、住宅の庭先に咲き誇っている黄色大輪の菊科の花や、

街路沿いにほころび始めている白やピンクのコスモスの花から

秋が生まれてきている。そんな風景を見つける度に立ち止まり、

遅れて走ってくる娘が追いつくのを待って、いっしょに生まれ

たての小さな秋達を見つけながら、親娘の旅が進んでゆく。

P1080110.jpg


ドングリ村を過ぎ、坂を一つ上ると観音峠に到着する。ここら

佐賀大和までは長い下り坂が続き、帰り道はその長い坂道を

逆から登ることになるが、もう一度、娘にそのことを念を押して

坂道を下り始める。急なコーナーを何個か抜け、長い直線の坂に

さしかかるとさわやかな日差しの下で青く輝いている佐賀平野が

見えてくる。娘が追いついてくるのを待って、ブレーキをもう

一度点検して、さらに坂道を下る。

P1080114.jpg


坂道が緩やかになりしばらく走り、”道の駅大和”で最初の休憩

をとる。道の駅では地元の農産物がたくさん並べられていて、朝

からたくさんのお客さんで賑わっている。川の見える店の裏側には、

ベンチとテーブルが設けてあり、そこに座ってパンとサイダーで腹

ごしらえをする。残暑にしては、少し厳しすぎるような日差しが照

りつける中にも、風は先日までとは違い、どこか涼しささえ感じさ

せてくれる。もう一度、これから走るコースを確認して、道の駅を

発つことにする。

P1080124.jpg


川上峡を横切り、西九州道を下り佐賀市内へと向かう、幹線道路を

車を避けるように、なるべく歩道を走りながら進んでゆく。道は

平らであまり風もないので、思ったよりも早く走れるはずが、どうも

娘のペースが上がってこない。ここでバテてはどうしようもないので、

こまめに休憩をとりながら、佐賀市内を抜けてゆく。

P1080142.jpg


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/294-cb82c8c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。