雷山~背振山ツーリング-2

雷山~背振山ツーリング-2 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

雷山林道に入ると緩い上り坂が続く、雑木林の中の道になる。ここに来ると

いつも思うのだけど、山鳥の声がとても近くに聞こえる。風もなく時折

雲間から日が差してくる静かな山あいの道の上で、私達親子のペダルを

踏む音だけが響いている。道路脇に目を落とすと、色とりどりの花々が

昨夜の雨水をまとって輝いている。その色鮮やかな姿に目を奪われ

しばらくの間、立ち止まってしまう。

img20050912.jpg


HANA1.jpg


長い坂道を登った後は、おきまりの下り坂が顔を見せる。少し湿った風に

汗ばんだ身体を冷やしながら、坂道を下っていると、雨で流れ出した砂利や

砂がところどころ道に拡がっていて、そのたび後ろから付いていくる娘に

声を掛けて注意する。坂道を下った当たりでお昼近くになったので、前回

来たときに休みだった古場岳山荘に寄ってみることにする。駐車場の生け垣に

BoyとAddieをあずけ、木製の階段を二階へと上がり、喫茶店へはいる。

噂で美味しいと聞いていたアップルパイとコーヒー、娘にはジュースを

注文し、冷たい水を飲みながら、久しぶりに部屋の中で休憩する。

出てきたアップルパイは噂通りとても美味しく、コーヒーもなかなかの

味だった。娘もパイが気に入ったようで、ペロリと平らげてしまった。

P1080331.jpg


P1080330.jpg


コーヒーを飲みながら山荘のおばあちゃんと少し世間話をした後、三瀬峠

へ向けて走り始める。ここから先は上り坂もたいしたことはないし、下り

の方が多いので、楽に走ることが出来る。途中展望所から眺めると、北山湖

とその向こうに拡がる富士町の山並みが、雲間からの日差しにキラキラと

輝いていた。このまま、雨が降りませんようにと祈りながら、三瀬峠手前の

緩い坂道を登り続ける。

P1080349.jpg


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/284-70fecd8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。