FC2ブログ

雷山~背振山ツーリング-3

雷山~背振山ツーリング-3 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

三瀬峠から三瀬村の方に下り、いつも立ち寄るコンビニで、昼食用のパンと

ペットボトルの水を補給する。娘もすっかり元気を取り戻したようで、

これなら最後まで走れると確信した上で、背振山へと向かうことにする。

三瀬村から背振山へ向かう県道にはいると、勾配も少なく広い歩道の

走りやすい道が続いている。風景も稲穂が拡がりるなかを川が流れ、

ところどころにある集落も、なんだか郷愁を誘うような静かな佇まいを

している。そんな風景の中を走りながら、心が段々シンと落ち着いてゆく

のを、もう1人の自分が目を細め嬉しそうに眺めている。

P1080353.jpg

脊振村との境の少し急な坂道を登ると、背振山登山道まではほぼ、

下りの道を走ることになる。坂道で少し疲れた足を休ませながら、

山村の初秋の風景を楽しみながら走る。途中道路脇に、落ちたば

かりの栗の実が2個落ちていたので、娘と一緒に拾いおばあちゃん

へのおみやげにと、ハンカチに包んで持ってかえることにする。

P1080361.jpg


背振山登山道に入り山頂を見ると、雲が降りてきて観測所がその雲

の流れの中にうっすらと見え隠れしている。なんとか雨は降りそうも

ないのでコンビニで買ったパンを食べ、これから続く坂道に備える事

にする。ここから山頂までは7㎞。娘の足だとたぶん、小一時間は掛かる

だろうと思いつつ、坂道を登り始める。

P1080365.jpg


背振神社を過ぎしばらく走ると、坂道は段々勾配をきつくしてゆく。

時折時速5㎞を切りそうなりながらも、ゆっくりと登ってゆく娘の

後ろ姿を見つめながら、背中がひとまわりたくましくなったなと

感じてしまう。先週の縮こまった背中とは別人のように、背筋を

延ばしてペダルをこぎ続ける姿に少し感動してしまう。

P1080369.jpg


一つ目の測候所への道が見えてくると、坂道の勾配は緩くなり、

山頂への三叉路を折れると、ほぼ平坦な道になる。雲が降りてきて

霧が掛かったような風景の中を、山頂駐車場へむかう。今日は天気が

優れないせいか、止まっている車も少ない。自動販売機で冷たい

ジュースを飲み、トイレを済ませ、しばらく休憩した後、雨の降る前に

山を下りることにする。駐車場を出るときに、車の中から娘に声を

掛けてくれたおばさんは、娘がここまで走ってきたことに驚いて、

何度も”偉いね”と誉めてくれた。

P1080376.jpg



コメントを読む




スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/283-1d481b6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。