阿蘇一周ツーリング-2

阿蘇一周ツーリング-2 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

それでも、近くの外輪山に目をやると、青く澄んだ空の下に緑の草原を

敷き詰めた風景が、鮮やかに飛び込んでくる。その風景に娘も素直に

”すっごい、きれい!”と何度も声に出していた。しばらくその場所に

自転車を止め、写真を撮ったり、谷間から聞こえてくる鳥の声や、列車の

響きに耳を傾けたりしながら、記憶の中の大切な1ページに、静かに

この時間を焼き付けてゆく。


P1080513.jpg

曲がりくねった坂道を下り終えると、赤水までまっすぐで平坦な道が

続いている。家を出て2時間くらいの間に田園、山村、雑木林、高原、

そして盆地の風景と、今日のツーリングは退屈する事がない。これで、

阿蘇五岳がはっきりと見えれば、何も言うことはないのだが、これだけ

の風景を味わった後だと、贅沢と神様に怒られそうである。

P1080518.jpg


赤水から左折して、国道57号線を阿蘇、一の宮の方へ向かう。道は

少しアップダウンはしているものの、全体的にはとても走りやすい。

乙姫の手前に少し長い坂道があるが、これも辛いほどの坂道ではない。

P1080524.jpg


一の宮には父方のご先祖のお墓があるので、お彼岸のお参りに立ち寄る

事にする。箒で枯れ葉を掃きとり、きれいになったお墓に、途中で買った

おはぎ、お茶、お水、御神酒をお供えし、蝋燭を灯し、お香を焚く。

娘と一緒に手を合わせて、家族の近況を報告した後、皆の健康と今日一日

の安全をお願いする。

P1080527.jpg


一の宮を過ぎ、坂梨から右折して国道265号に入ると、目の前に高岳、根子岳

が姿を現す。坂道に備え、自動販売機でコーラを飲んだ後、ゆっくりと坂道へと

むかう。ここからはまた、秋色の高原の中を長い坂道を登ることになる。

P1080539.jpg


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/269-462e6bbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。