早朝散歩

早朝散歩 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日のツーリングの余韻が抜けきれず、夜明け前から

目が覚めてしまう。6時過ぎ、やっと明るくなった朝の

道をのんびりと朝食前の散歩としゃれ込む。さて、どこ

へ行こうかと迷ったものの、まずは菊池神社にお参りする

事にする。朝の境内は、シンとして空気までも清められて

いるみたいに澄んでいる。二礼二拍手と作法通りのお参りを

済ませて、おみくじを引くと親子で”吉”。お互い顔を見合

わせて、平凡な内容に思わず笑ってしまった。

P1080636.jpg



菊池神社を出て”雲の上宮”の参道でダイオウマツの松かさ

を拾おうと出かけるが、近年の台風で2本あったダイオウマツ

の木は折れてしまったらしく、松の木の姿は無く、しばらく

松の木のあった当たりを探してみたが、松かさは見つけることは

出来なかった。”雲の上宮”から菊池公園に戻ると、鞍岳から

ちょうど朝日が昇っていた。

P1080646.jpg


誰もいない朝露にぬれた公園を独り占めにして、娘が楽しそうに

アスレチックで遊ぶのを、ベンチに座って眺めながら、自転車に

乗るときとは違った表情をする娘の顔を、新鮮な思いで眺めてしまう。

P1080650.jpg


しばらく公園で遊んだ後、実家への道を下る。朝日の中で頭を

たれる水田のあぜ道には、たくさんの彼岸花が朝露を受けて

キラキラと輝いている。昨日あんなにたくさんの彼岸花を見た

はずなのに、今日見るこの彼岸花の咲く風景に、また改めて

見入ってしまう。言葉で言えばありきたりな、懐かしい風景

なのだが、心に染みいってくる郷愁は写真でも言葉でも

捕らることはできない。

P1080663.jpg


少し遠回りをして、氏神様にもお参りをする。祠の入り口の

用水路に掛かる小さな橋の手摺りにBoyとAddieを預けると

夏の間あんなに涼しげな音色をたてていた水音が、今朝は

やけに湿った淋しい音色で流れている。そしてその水面には

彼岸花の紅い色が揺れていた。

P1080672.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/265-c4f4ca4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。